マイホームのために頑張ります。

2019.03.26 更新

借入先業者名
借入額
2400万円
借入期間
12年くらい
毎月の返済額
15万円

生活費が足りないときに借りました。

マイホームを建てるまでに借金をしたことがありませんでしたが、さすがに住宅は一括では買えず、せめて短い期間で完済できるようにしようと月々の負担がぎりぎりの設定でローンを組みました。しかし、その後子供の進学や妻の入院など、予想外の支出が重なったこともあってローンを払えない月もありました。結局、その時には自由な使い道で借りられるサラ金のキャッシングを利用して、その場しのぎをしていたものの、利息がかさんで毎月の支払額が膨らみ、10年以上過ぎてみると借金返済のめどが立たない状態でした。

住宅ローン、アコム、アイフル、武富士、プロミス、レイクで計2400万円借りて、月15万返します。

住宅金融支援機構から2000万円、アコム、アイフルから40万円、武富士から60万円、プロミス、レイクから各50万円の借金があり、約定通りには払えないので、督促があった業者に順次返している状態です。妻は業者からの電話にノイローゼ気味になり、子供たちも親のピリピリした状況を見て、勉強がおろそかになっていました。お互いの両親にも何度か援助をしてもらいましたが焼け石に水で、このままではいつかマイホームも手放さなければならないと思い、債務整理を多く経験している司法書士のところに行ったのがきっかけです。

サラ金は消滅し、ローンだけになりました。

手続きを依頼したところ、サラ金は過払いにはなったものの、業者自体が倒産していたり過払いの額が少なかったりで、回収は現実的ではないといわれました。そこで、過払いは司法書士の費用分だけを取り戻してもらい、住宅ローンだけにまとめることで解決した次第です。ただ、住宅ローンについても今の返済計画はゆとりがないため、また何かあった時に借金に走る可能性があります。そのため、こちらも交渉して毎月の負担を減らし、完済までの期間を延ばすことで月々の支払を今までよりもゆとりのあるものにしています。

家族で家計についての話し合いができました。

今までは、家計のやりくりは妻の仕事という認識がありましたが、司法書士にも諭されて、夫婦で協力して節約していくことにしました。家計簿をお互いにチェックして無駄を省き、子供たちの将来のためにこれからは少しずつでも貯金をしていくつもりです。もちろん、あまり締め付けずに突発的な支出のための貯蓄分も用意して、家電の買い替えや入院などはそちらから出す予定です。このように、家計のことについて家族で話し合うことができたのも、今回の手続きを通して司法書士にいろいろなアドバイスをもらえたおかげです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

レイクの返済に困った!任意整理が借金の返済額を減らせる

目次新生銀行カードローンレイクの借金を任意整理するメリット…

債務整理をしたけどキャッシングを利用したいという人へ

目次債務整理をすると、キャッシングの利用はNG!「ブラックOK…

武富士の債務整理体験談

引っ越し費用のために借りました。

借入額100万円

当時の収入は20万円でしたが180万円借りていました

借入額180万円

長年の苦労が報われました。

借入額300万円

臨時収入になりました

借入額150万円

離婚が借金の始まり、最後には任意整理をしました

借入額240万円

スナックのホステスにはまってしまいました。

借入額500万