妻に内緒のもうひとつの家庭

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
1年8ヶ月
毎月の返済額
12万円

愛人です。愛人との別な家庭で借金しました。

妻は5歳年上で、当初は仕事のできるかっこいい女性という印象でした。しかし、結婚後はすべて妻が自分の管理を始めたことで窮屈になっていました。そして、取引先で知り合った女性と別な家庭を持つようになったんです。会社の近くにマンションを借り、そこで愛人と暮らし始めたんです。自宅には週一程度の帰宅ですが、生活費は当然入れなければなりません。愛人の手前いいかっこもしたいのが男です。そこでいつの間にかカードでのキャッシングが習慣になりました。1年も経たないうちに限度額がいっぱいのカードは何枚にも増えていました。

プロミス50万円、レイク50万円他。月々12万円の返済

始めはセゾンカードなど以前から持っていたクレジットカードでショッピング枠を利用する程度でした。しかし現金も必要です。当時の給与は30万円程ですし、自分の自由になる預貯金もありましたが、マンションの敷金や家具などですぐに手持ちのお金も底をつき、ショッピングの限度額もいっぱいになりました。それからカードローンを使いましたが、それでも足りずについに消費者金融系のカードを作ってしまったんです。キャッシングを利用した辺りから返済額は一気に上がりました。毎月の返済額を抑えると楽になりますが、そうすると今度は元金が減りません。見事な借金地獄です。

全部終わったと感じました。嘘がばれて楽になりました。

後半は返済のために借金をするという悪循環に陥っていたので、当然ですが借りることもできなくなり、何もかも廻らなくなりました。初めて返済日にお金が無いという事態になった時に慌てて弁護士に相談しました。返済や督促が来ないのは本当にホッとします。金額的にも自己破産をすすめられ、素直に応じて任せました。借り入れ状況の正確な把握も後半はできなくなっていたので、弁護士にまとめてもらった時には金利の高さに驚きましたね。しかし、準備から約3ヶ月で免除され、借金は見事ゼロになりました。

生活を改め、仕事に専念できるようになりました。

妻にばれずにと思っていましたが、後半は疲れてしまったのもあり、覚悟を決めて離婚する勇気が持てました。妻との暮らしに限界を感じた時点で始めからそうすれば良かったと反省しています。慰謝料もない状態だったので、それはこれから払うことになりますが、隠し事が一気に消えて楽になれました。借金は怖いです。冷静に判断ができなくなってしまう状況はもっと怖いですね。自己破産をしたことで今後住宅ローンや何か大きな買い物には不利かも知れませんが、借金と隠し事の緊張感を考えたら地道が一番です。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

クレジットカードの使い過ぎで債務整理

借入額90万円

お金の使い方を考え直すきっかけになり、完済にむけて頑張っています

借入額180万円

クレジットカードの使いすぎで多重債務者に。

借入額350万円

スロットに行きたくて借金をしていました

借入額220万円

クレジットカードにハサミを入れたことを思い出しました

借入額180万円

電話の着信音の恐怖が無くなりました

借入額300万円