債務整理のメリット・デメリット/26歳会社員

2019.02.06 更新

20代会社員

月収
12万
借入先業者名
借入額
420万円
借入期間
2年6ヶ月
毎月の返済額
30万円

当時付き合っていた彼氏がプータローでした。

生活費のために一括払いでクレジットカードを使い始めました。しかし、月12万の手取りで二人分の家賃や生活費を捻出することが難しく、リボ払いを使うようになりました。毎月一定額を返せばいいと簡単に思っていましたが、だんだんと使用可能額は少なくなりました。当時、金融機関に勤めており、クレジットカードは容易に作れたため、だんだんとカードの枚数は増えていき、リボ払いの支払も増えていきました。とうとう12万円では足りなくなり、キャッシングをするようになりました。するとおのずと支払いは増え、カードの枚数も増え、支払いきれなくなりました。

クレジット240万円(5枚)、カードローン160万円(5枚)、ローン20万円で月々約30万円の返済。

毎月返済のお金を工面することに苦労しました。勤め先にばれるのが怖くて、新卒で就職した金融機関を退職し、中小企業へ転職しました。彼氏とは毎日お金のことで喧嘩するようになってしまいました。お金が絡むと人が変わるというのは本当で、だんだんと自分自身がおかしくなることが分かり、それは周りへも伝わっていたと思います。彼氏の親戚が毎月返済のお金を援助してくれていましたが、そのこと自体も後ろめたく、毎日が本当に苦しかったです。それでも、援助がないと返済ができず、彼氏ともずるずると付き合っていました。

任意整理で月々の支払いがぐっと減りました。現在返済中です。

毎月の支払が30万円から6.85万円に減りました。利息はありません。返済金額を聞いたときは、安堵したことを覚えています。はじめは、司法書士に相談しましたが、債務額から任意整理は無理だと言われました。そこで弁護士に相談したところ、前向きに検討していただき、任意整理をすることができました。返済期間は6年以内です。別れた彼氏と共同で返済する旨の誓約書を交わし、現在滞りなく返済中です。自分の甘い考えでこのようになってしまいましたが、元本だけでもきちんと返済しようと改めて思いました。

毎月の返済額が大幅に減り、お金を工面する悩みが減りました。

毎月30万円を返済しているときは、誰にも会う気になれませんでした。今でもこのことを知っているのは親しい友人だけですが、家族や友人と会う心の余裕ができたことは本当によかったです。また、誰にもばれずたくないので任意整理を選択し、それが実際に実現できてほっとしました。また、今まで浪費していたこともあったので、何かを買う前には一度考えるようになりました。貯金は論外でしたので、今は保険の支払等必要な資金は積み立てをするようになりました。貯蓄用の資金も捻出するよう意識しています。今のところ滞りなく返済できており、債権会社には迷惑をかけていますが、私としては生活できるようになったことが本当に嬉しいです。毎月きちんと返済できるように地道に生活しようと改めて思いました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

債務整理で業者との和解交渉にかかる期間はどのくらい?

目次債務整理にかかる期間は?早ければ数日?過払いが発生して…

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

プロミスの債務整理体験談

ギャンブルにドハマりし借金を抱え、最後は任意整理をした私の体験談

借入額260万円

給湯器が壊れてしまい、急遽サラ金から借りました

借入額100万円

事業で失敗し、借金地獄生活へ

借入額600万円

全てリセットできました。

借入額80万円

簡単な気持ちでキャッシング、最後には自己破産に至りました

借入額280万円

弁護士に相談をして目が覚めました

借入額200万円