あきらめていたら、まさかの展開に

2019.03.30 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
10年3ヶ月
毎月の返済額
12万円

仕事のストレスから買い物にハマってしまいました。給料で足りない分を消費者金融業者などから調達。

高齢化社会の影響もあるのか、仕事の忙しさは半端なものではありません。新薬が発売されれば、その勉強もしなければいけませんので、緊張感の連続です。その分、休みの日には、日ごろのうっぷん晴らしのために、買い物をすることが楽しみになってしまいました。給料については、残業時間も多いので、それなりの金額にはなりますが、私の買い物への投資額もそれ以上になるため、消費者金融業者やクレジット会社に手を出すようになりました。知らず知らずのうちに借入を繰り返すようになり、借金生活に陥りました。

アコム、プロミス、ニコスから各100万円ずつの借金。月々12万円の返済。

借金をはじめた当初については、なんとなくドキドキとした思いの中で、返済をするという面も持ち合わせていました。しかしながら、その後、枠内での利用を繰り返すなどしているうちに、金銭感覚が麻痺してしまいました。年収も比較的高いということもあり、100万円までの枠を与えてもらいました。私自身も調子にのってしまい、目一杯の借入をするようになってしまい、次第に経済的に厳しい状況に追い込まれていくようになりました。借りては返すという状態になったのです。延滞だけは避けたいと思い、何とか捻出してきました。

あっという間に生活は再建。暮らしも普通の状況に戻りました。

毎月の収支が悪化してしまい、身動きがとれない状況に陥ってしまいました。私は、テレビコマーシャルで見た、弁護士事務所に相談を持ちかけることにしました。その結果、毎月12万円の支払いをしていたものが、なくなり、過払い金として10万円近くの金額を手にすることができました。いわゆるグレーゾーン金利での支払い期間が長かったことが過払い金に結びついたようです。何だかとっても得したような気分になりました。弁護士には、報酬として、過払い金と相殺するかたちで、支払うことになりました。

今一度、生活全体を見直すきっかけになりました。

法律のプロである弁護士とじっくりとカウンセリングをすることによって、一カ月あたりの収支のバランスについて、徹底的に改めて見直すことができました。いかに自分自身が自己管理を怠っていたかがわかりました。過払い金が戻ってきたのは、嬉しいことですが、考えてみれば、自らが支払った金額が戻ってきただけですので、複雑な思いがあったのも事実です。加えて、借金問題が解決することによって、精神的ストレスが解消することになったのも、大きなプラスになりました。伏し目がちになることがなくなりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理をする前に!おすすめの無料相談先や失敗しない選び方を解説

目次弁護士と司法書士だけじゃない!債務整理の相談先を紹介弁…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

不安だったので専門家に依頼しました。

借入額90万円

借りて返した段階で既に債務整理予備軍です

借入額170万円

完済に向けた手助けと、お金の使い方を見直すアドバイスが心強かったです

借入額180万円

クレジットカードの使いすぎで多重債務者に。

借入額350万円

任意整理によって確実に借金を返済できました

借入額300万円

ダラダラと支払い続けていた借金を完済できた

借入額180万円