友達の保証人になって借金地獄に!驚くべき返済方法とは?

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
580万円
借入期間
5年7ヶ月
毎月の返済額
5~15万円の間

開業資金の保証人として友人から頼まれたが、そのまま音信不通になり借金地獄に。

小学校からの付き合いの友人が、自社ブランドの洋服を販売したいということもあって開業することになりました。自己資金はある程度あったそうですが、それでも資金が足りないとのことだったので、借金をすることになったのです。そこで、家族から保証人を断られたということもあり、私を保証人にしたいと申し出てきたのです。最初は断っていましたが、食い下がらなかったので結局保証人になってしまいました。その矢先に、友人と音信不通になってしまい、結局の所私に残ったのは400万円の借金のみでした。

三菱東京UFJ銀行から、400万円の借金とアコム、アイフルから各90万円。月々5万円の返済。

借金の保証人にされてから、銀行から毎日連絡がくるようになりました。月々で10万円の返済を目処にしていましたが、そういう生活を送っていると自分の生活費から出すことになり、結局は生活できなくなってしまいました。そうなると、アコムやアイフル等の消費者金融から、借金をし生活をするという負の生活を送っていくことになりました。結果として、月々返済できたものの、アコムやアイフルの借金は返済することができず、滞納するという生活を送っていました。もちろん、一括請求もきましたし悪い意味で生活が一変しましたね。

友人を見つけ借金返済を代理で行わせ解決しました

さすがに、生活がままならない状態で借金がふくれあがっていくと自殺したくなる気分でしたので、弁護士に相談してみることにしました。そのときに行うことになったのが、特定調停です。いわば、友人を捜し出し調停を行うというもので、裁判をすることになりました。結果で言うと、友人は開業資金として借用していましたが、娯楽のために借金をしていただけでしたので、保証人に返済する義務がないと判決が出ました。結果、消費者金融からの借金と銀行からの借金を合わせ380万円弱をすべて友人に支払わせることになりました。

借金のことを考えずに生活できるようになりました。

借金の保証人になって、消費者金融までに手を出した身からすると、もう二度と借金はしたくないと思いましたね。債務整理をするときに至っては、かなりの日数を必要としましたし、有給を使ってまで裁判をおこすとなるとさすがに疲れました。とはいえ、債務整理を行ったことにより、借金返済のことを考えずに済んだのでよかったです。普段生活している中で、常に借金のことを考えていましたから、その心の負担が減っただけでもだいぶメリットになったのではないかと思います。また、自分自身にお金を使うということがやっとできるようになったので、結果として債務整理をしてよかったと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

プロミスの債務整理体験談

債務整理による個人再生で、多額の借金が返済可能に!

借入額300万円

過払い金返還請求のおかげで過払い金が戻ってきました

借入額120万円

通販ショッピングにはまったのが原因の借金

借入額200万円

親の借金を肩代わりをして借金。自分も借金地獄になりました。

借入額150万円

クレジットカードを使いすぎて、借金で返済をしていました

借入額150万円

夜遊びに夢中で借金をしてしまいました

借入額150万円