自己破産を決断すること

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
4年2ヶ月
毎月の返済額
10万円

親のために借金。親の商売も失敗してしまい借金苦に。

もともとは、親のためにお金を借りることから始まりました。親は、高齢のため、借金ができないので、私に助けを求めてきました。父親は若い頃からのギャンブル好きもあり、その影響もあるのかと思いました。私自身も親のために役に立ちたいと思い、消費者金融業者やクレジット会社からの借入をするようになりました。親の定食屋は、開店した当初は繁盛していたのですが、その後は閑古鳥が鳴くような状態に陥ってしまいました。私自身もタクシー運転手として勤務を続けていますが、自分の生活だけで精一杯の状況です。

アイフルとレイクから100万円ずつ、イオンカードから50万円の借入。月々10万円の返済。

親が定食屋を開業してすぐの頃には、順調に返済ができていましたが、ライバル店舗の出店などもあり、客足が途絶えてしまい、返済に困るようになりました。定食屋をはじめるにあたっては、親の退職金ですべて賄うことができたので、借金としては私の名前で借りたものだけになります。毎月の支払いについては、父親がする約束になっていましたが、私の携帯電話に督促の電話が入るようになりました。督促の担当者の方には、何度も事情を説明しましたが、利息分だけでも入金して欲しいと迫られるようになりました。

自己破産をして債務がなくなりました。

私の名義になっていることから、すべて私の責任になることを覚悟のうえで、弁護士に債務整理の相談に行くことにしました。弁護士からは、例え親であっても、名義貸しはやめるべきだということを強くいわれてしまいました。弁護士は、私の収入自体も少ないことから、自己破産の選択をするべきという助言をしてくれました。タクシー運転手としての、仕事には、影響もないので、自己破産をすることに決めました。私を信じてくれた消費者金融業者やクレジット会社には申し訳ないと思いましたが、ポジティブに考えることにしました。

すべての借金がなくなり、仕事に打ち込めることになりました。

借金返済についての問題で、何かとギクシャクしていた親との関係が修復したのが良かったことです。父親には、何度も謝罪されましたが、許すしかないと思っていました。しかしながら、定食屋をやめてもらう決断をしてもらいました。年金とアルバイトでもして生きていくことが得策だと思ったのです。私自身は、タクシー運転手として、割のいい夜の時間帯の勤務を増やすなどの工夫をするようになりました。弁護士には、債務の問題以外にもいろいろなアドバイスをもらったことに感謝しています。さすがにプロだと思いました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

レイクの債務整理体験談

月々10万円の返済が半分以下に

借入額240万円

債務整理って最初は少し抵抗がありました

借入額140万円

過払いで引っ越しができました。

借入額250万円

債務整理による個人再生で、多額の借金が返済可能に!

借入額300万円

借金返済には睡眠時間が大切です

借入額200万円

過払い金が返ってきて苦しかった借金生活にサヨナラ出来ました

借入額240万円