ストレスから買い物依存症になって借金をしました

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
4年7か月
毎月の返済額
10万円

ストレスから買い物依存症になって、リボ払いから借金が膨らんでいきました

看護師として働き始めてすぐに向いていないことが分かったのですが、奨学金の返済、さらに生活のこともあり、親に頼れない状態から無理をして働き続けました。しかしストレスはたまる一方で、そんな時にショッピングをしてほしいものを手に入れると気分が爽快になり、買い物を続けるようになり、現金での支払いが難しくなるとクレジットカードを使い、やがてリボ払いをするようになりました。それでも毎月決まった額を支払えばいいと思って、気付いたら家賃や光熱費の引き落としができなくなり、生活費のためにキャッシングして多重債務に陥りました。

楽天カード80万円、アコム50万円、プロミス50万円、月々10万円の返済

買い物依存症に陥って、リボ払いでショッピングを続けた結果、気付くと生活費も足りなくなっていました。そこで消費者金融からキャッシングをして当座の生活費を作り、支払いに充てていましたが、それも足りなくなって別のところからも借りて、次をお願いしようとした時に断られました。そこでやっと事態の深刻さを直視して、なんとかしようと節約をはじめましたが焼け石に水状態でほとんど意味がありません。ショッピングどころか必要な日用品が買えない、食べるものもないと惨めな状態になって、毎日が苦しかったです。

個人再生で借金額を減らすことができました

気付けば利息が膨れ上がって自力での返済が不可能に近く、弁護士さんに相談したところ個人再生をすすめられてお願いすることにしました。依頼した時は買い物依存症と分かり、仕事が続けられる精神状態ではなく休職中、さらに病院で治療を受けている状態で、時間はかかりましたが裁判所で認められました。その結果、これまでの借金の総額が半分以下に減って何とか返済の先行きが見えた、フルタイムで働くのは無理でしたが、バイトの給料でも支払うことができるようになって、一部は親からも借りて返済することができました。

借金の総額が減り、気持ちに余裕ができました

弁護士さんに借金の相談することによって、現在の自分に状態を改めて見つめなおすことができました。ショッピングから作った借金でしたが、原因はストレス解消で、メンタル面をきちんを治療しない限り同じことを繰り返すと分かりました。そこで買い物依存症の治療にかかり、両親にも話してしばらく仕事を辞めてのんびりと生活することで、前向きな考え方ができるようになっていきました。自分を見つめなおすきっかけになってくれて、もしかしたら今以上の最悪の状況になっていたかもしれなく、ギリギリで戻れて良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

楽天カードの債務整理体験談

奨学金返済が厳しくなって借金をしました

借入額70万円

払える額に変更できました。

借入額150万円

独身仲間が儲けを出したと言う株を買う為、借金。

借入額200万円

彼氏が私名義で借金した後に逃げた為、私の借金になってしまった。

借入額200万円

人生観が変わりました

借入額160万円

買い物依存症になってショッピングリボから多重債務となりました

借入額180万円