リボ払いで支払いができなくなりました

2019.04.09 更新

会社員

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
5年8か月
毎月の返済額
3万円

リボ払いでショッピングにはまり、返済ができなくなってキャッシングして借金を増やしました。

社会人になってはじめてクレジットカードを作り、そこでどうしても毛皮のコートがほしくてカード払いにして、さらにリボ払いをすすめられました。毎月、一定の額を返せばいいと言われて、楽だと思ってそうしました。この時には利息の高さというものを知らず、ただ毎月一定の額で返せると思い込んでました。しかし毎月の返済額が少なく、どれだけ購入しても一定額と考えてショッピングを控えることなく続けていって、気付いたら返済が厳しくなってしまい、キャッシングをしてリボの返済に充てるという手段に出てしまいました。

イオンカード100万円、アコムから50万円、月々3万円の返済

リボ払いの怖さを知らず、毎月一定の額だけ返済すればいいと思い込んでショッピングを続けていった結果、限度額である100万円まで達してしまい、返済が厳しくなりました。返済を止めてしまっては怖いことになると思って、キャッシングにも手を出して、多重債務となりました。社会人になったばかりで毎月3万円の返済はかなり厳しく、幸いにも実家住まいなので家賃などが発生することはなく、暮らすことはできていました。しかし余裕がなくなって、ランチさえも切り詰めてみじめなかなり惨めな気持ちになりました。

かなりの額が減って返済が楽になりました

毎月一定の額を返済しても一向に借金がなくならず、生活は厳しく、そんな中で病気になって仕事ができなくなりました。返済のお金が無くなり、仕方なくキャッシングして多重債務になって、精神的に参ってしまいました。そんな私を見て親が悩み事はないかと訪ねてきて、お金がなくリボ払いにして借金ができたと話して、最終的に弁護士さんに相談することになりました。病気がまだ治っておらず収入が得られない状況から、個人再生をすすめられてお願いして、借金の総額が大きく減額しました。その後に親の助けもあって、なんとか返済をすることができました。

借金の総額が減って返済ができました

病気で治療が必要になり、働ける状態ではないということで個人再生が可能となって、手続き後には借金の総額がかなり減ってくれました。それを受けて親が一部を負担して返済してくれて、自分自身も在宅勤務という方法を教えてもらい、毎月1万円ずつですが少しずつ返していって、時間はかかりましたが返済することができました。もしも相談していなかったら、自分一人で変な方に考えてしまい、次はキャッシングの返済のためにキャッシングするという方法を取っていたかもしれません。法律に頼ることも大事だと知りました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

イオンカードの債務整理体験談

毎月8万円近くあった返済が任意整理で半分になりました

借入額300万円

自己破産を決断すること

借入額250万円

愛犬の病気の治療のために借入。

借入額120万円

出産の費用で借金をしました

借入額80万円

任意整理のおかげでリボ払いから始まった借金地獄から抜け出せました

借入額260万円

ブランド物を買いすぎて出口のない借金生活に突入しました。

借入額230万円