ギャンブルにのめり込み過ぎて債務整理

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
2年3か月
毎月の返済額
9万円

年収は300万円で仕事友達から誘われた始めたギャンブルで多重債務に。

入社当時、仕事で友達になった人にパチンコに連れていかれて、パチンコを教わりながらやったら、3万円くらい儲かって、それがギャンブルにはまるきっかけになりました。休日や仕事が終わったあとなどよくいきました。そのうち借金をしてまでのめり込むようになりました。クレジットのキャッシング機能からはじまり、消費者金融にも多額の借金をして借金を借金で返すような状態になってしまい、どこでどのくらい借りたかわからないくらいになってしまい、返済が大変になり、延滞しなければいけなくなることも増えました。

三井住友、アコム、プロミス、レイクから各30万円の借金をし、月々2~3万円の返済

各請求に返済できないところは返したところから再度借入をして返済し滞納はなかったのですが、生活が厳しかったです。生活費ではなく、まずは借金の返済に回すため、給料をもらった月の最初の週からすでにお金がほとんどなくなり、普段の生活も借金に頼らざるを得なくなりました。休みの日があっても、お金がなくてほとんどが家で暮らしている状態で、私にとっては娯楽はパチンコしかありませんでした。銀行に入れ忘れてしまうと、返済の催促の電話がくるし、電話もかかってくるようになり、返せなくてやむなく延滞するところも多くなりました。

返済額がぐんと下がって返済しやすくなりました。

月々の返済が月に各会社に1万円ずつ、月4万円まで減ったため、借金を借金で返済するようなことがなくなり、また、お金が借りられなくなったことで、日々の生活を改めて借金をしないように生活できるように、パチンコを辞める決心がつきました。月の給料の半分くらいなくなっていたので、普段の生活をかなり切り詰めなければいけなかったため、生活に余裕がなく、いつもおかねがなくて困っていたのですが、債務整理をしたあとは、借金のことをあまり考えなくても良くなったので、余裕をもって生活することができるようになりました。

パチンコをしなくなったことで、普段の生活が充実し、生活に余裕ができました。

今までは、パチンコの負けをパチンコで取り返すような気持ちでやっていたのですが、債務整理をきっかけに新たな借金が出来なくなることで、普段の生活を見直すようになり、借金をしないように生活をするためのきっかけになりました。新たな借入が出来ないことで今後の生活のことも考えるようになって、ギャンブルもそれ以来やらなくなり、普段の生活に時間を持たせるようにすることで、生活を見直すきっかけにもなりました。今まで頭を悩まされた借金の問題が解決に向かうようになり、早めの完済を目指すようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

夫や彼氏の多額の借金 代理で任意整理はできる?

目次夫や彼氏が内緒で借金をしていた!返済の目途は…?多重債務…

三井住友銀行の債務整理体験談

飲食店経営で大失敗!個人再生で人生をやり直す

借入額1000万円

一人で悩まず相談して良かった。

借入額200万円

ホストクラブにはまり借金。気づいた頃には借金苦に。

借入額300万円

クレジットカードの支払いが滞って借金をして支払いました。

借入額130万円

元会社の後輩の保証人になって借金を債務整理

借入額3000万円

友人に勧められたビジネスで借金。成功せずに高額借金で返済困難に。

借入額160万円