多重債務から生活を立て直す

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
4年9ヵ月
毎月の返済額
4万円

奨学金返済が負担となり、生活に困窮した為借金

裕福な家庭ではなかったので、奨学金で大学へ進学しました。大学へ進学すれば良い就職先が見つかると考えていたので、奨学金を借りる事に抵抗はなかったのですが、現実は思い描いていたものとは真逆の方向へ。就職氷河期だった為なかなか内定をもらう事が出来ず、第一希望だった会社ではなく、何社も受験し何とか内定を貰えた会社に就職する事となり、予定していた収入を下回る給料での生活が始まりました。実家に戻らず一人暮らしをしていたので、奨学金返済が大きな負担となり生活は困窮。親に心配をかけないために経済的に困窮している事は秘密にしていたので、足りない生活費を工面するために借金をはじめました。

借り始めた当初は数万だった借金はあっという間に膨らみ、奨学金と消費者金融の多重債務に苦しむように

奨学金の返済が思っていた以上に負担となり、一人暮らしをしながら返済する事は困難を極めました。バイトをする事は禁止されていましたし、親に援助を求める事も出来ない状態だったので、最終手段として消費者金融からの借金をし、当座の生活費を確保する生活。初めは数万円だった借金はあっという間に150万円に膨らみ、その後も着実に借金は増え続ける状態でした。家計簿を付け収支を把握していたのですが、収入を上回る支出が常に続いていたので、奨学金返済に加えて消費者金融への借金も背負う借金漬けの生活で、生きる意欲を失いつつある状態です。

負っていた多額の借金が減額され、何とか頑張っていこうと思えました

借金に苦しむ生活を続けていくうちに精神的に追い詰められ、誰にも相談できない苦しさから生きる気力も失いかける危ない状態でした。もはや自分一人だけではどうにもできない状態でしたので、専門家の力を借りて借金を整理。その結果月々の返済が4万円から2万円に減額され、何とか生活を再生できる糸口が見えてきたので本当にほっとした事を思い出します。もし相談してなかったら現在でも借金し続けないと生活が成り立たない状態だったので、どうにもならない状態になる前に解決出来て本当に良かったと思っています。

借金漬けの生活を立て直す事ができ、安心できた

会社や家族には絶対に知られたくなかったので、誰にも知られる事無く借金整理が出来たのは最大のメリットです。完済するまでまだまだ時間はかかりますが、何とか一人で返済しながら生活できているので、精神的な面で負担が軽くなりました。難しい手続きに関する事も、弁護士の先生が丁寧に説明しながら進めてくれるので不安を抱く事なく借金整理を進める事が出来ましたし、何より借金に苦しんでいる私たちの苦しみに共感し一緒に悩んでくれる人がいるというのは大変心強かったです。お金の使い方や借り方に関しても、以前よりさらに慎重になりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

保証人になると債務整理をされたときに生じるリスクとは?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

プロミスの債務整理体験談

親の入院がきっかけでつくった多額の借金

借入額350万円

頼まれると断れない性格が災いし、兄妹にお金を貸すため借金をしたら、自分が借金で苦しい生活を送る羽目になってしまいました。

借入額190万円

生活レベルが上がり、日用品を買うのにも借金をしました。

借入額300万円

過払い金請求の相談/40歳エンジニア

借入額200万円

簡単な気持ちでキャッシング、最後には自己破産に至りました

借入額280万円

通販ショッピングにはまったのが原因の借金

借入額200万円