病気になって生活補てんのために借金をしました

2019.03.30 更新

会社員

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
3年4か月
毎月の返済額
3万円

病気になって医療費と生活費のために借金をしました

社会人として働いていたころに病にかかって勤めていた会社で働き続けることができず、転職して給料が下がりました。しかも医療費がかかり、保険には加入していましたが対象外のもので役に立たず、最初に入院して治療を受けた時の医療費で貯金がなくなり、その後も頻繁に通院しなければいけなく、医療費によって生活費が少しずつ削られていきました。ただ命に係わることでやめるわけにはいかなく、足りなくなった分を最初はクレジットカードのリボ払いにして、次にキャッシング枠で借金をして補てんしていきました。

イオンカードから80万円、楽天カードから100万円、月々3万円の返済

もともとは専門職に就いていましたが病気で働くことができなくなり、一般職になり収入が下がり、医療費で貯金を使い果たして生活費も足りなくなりました。そこで足りない分をリボ払いやキャッシングで補てんしていましたが、その時はなんとか対応できても、結局のところ借金には利息が発生して支払いが大変になり、返済的にも気持ち的に追い詰められていきました。できる副業はすべてやってみましたが、体に対する負担が大きく続けるのが難しく、生活費全般を節約していって、生きている心地がしませんでした。

個人再生で借金の総額が減り、気持ちが楽になりました

返済状況を見ても利息ばかりで元金がほとんど減らず、このままでは今の状態から抜け出せないと思って弁護士さんに相談しました。その結果、個人再生をすすめられてお願いして、無事に裁判所の許可がおりて借金の総額が減りました。さらに医療費控除の手続きも行ってくれて、かなりの額が戻ってきて借金返済に充てることができましたし、生活の方も少しだけ余裕が持てるようになりました。何よりもゴールが見えてきて、気持ちが後ろ向きなものから前向きになって、早く返済を終えて幸せになろうと思えるようになりました。

生活全般の見直しをして将来に備えることができました

借金の原因が医療費にあって、弁護士さんからファイナンシャルプランナーを紹介されて、改めて保険の見直しをすることにしました。大病をした後なので解約すると入れる保険がないと思い支払い続けていましたが、高いだけで今の私に的確な内容ではないと教えられました。そして今の自分に適した内容、価格のものに変更することにしました。さらにスマートフォンを格安にして、光熱費とセットにして大幅な節約につながりました。当たり前に払っていた生活費の中でかなりの無駄があったことが分かり、将来に対する備えになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

楽天カードの債務整理体験談

最初はパチンコにはまってお金を借りたのですが、借金の返済目的で始めたFXで大損を出してしまい、債務が重なってとうとう返済ができなくなる状態まで追い込まれました。

借入額300万

マイホームに住み続けられます。

借入額200万円

ゲームに嵌まって課金で借金を作りました。

借入額110万円

スロットに行きたくて借金をしていました

借入額220万円

生活をする為に借金をしました

借入額90万円

給料20万。生活費が5万なのに毎月の借金の返済額が5万でした

借入額140万円