多重債務を債務整理で解消してより良い返済を実現

2019.03.13 更新

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
2年6ヶ月
毎月の返済額
5万円

ギャンブルにはまり、多重債務者になり借金地獄に。

私は、ギャンブルが大好きでパチンコやパチスロなどを楽しんでいました。最初は稼いだ給料内で楽しんでいたのですが、負け続ける時は生活費も使い込んでしまいその月の生活が苦しい時も多くあったと言えます。そんな時にどうしてもお金が必要で生活費として消費者金融で借金しようと手続きした結果、簡単に現金を借りる事ができあまりの手軽さからお金がなくなれば、また借金すれば良いとギャンブルにも利用するようになりました。気づいた頃には数社からお金を借りて、多重債務者になって土木作業員としての収入だけでは苦しい状況に陥ったのです。

プロミス、レイク、アコム、アイフルから各30万円の借金。

ギャンブルにはまりお金がなくなれば新たな消費者金融で借金する生活を繰り返し、気づいた頃には多重債務者になっており、それでも返済しながらギャンブルを続ける生活で生活費がないような状況も珍しくはなかったです。お金がないため友人の誘いなどは断り、仕事と家の往復をしつつもギャンブルは止められませんでした。しかし、ギャンブルに負け続け借金の返済すらもままならずに、短い期間ですが滞納がちになりだして、事の重大さに気づくようになったのです。給料が入ればすぐに滞納分の返済をするのですが、次の返済も迫り給料だけでの対処が難しくなっていきました。

任意整理を行なって借金が減り問題解消!借金も無事返済できました

滞納分を給料が入ると返済してその上その月の返済も行う事で使えるお金が手元に少ししかなく、状況に危機感を覚えて藁にもすがる思いで弁護士に相談しました。その結果、任意整理を行う事ができ、借金が何割か減り返済が楽になったのです。過払金などは年数の関連などもありなかったため、払いすぎた金利などはなかったのですがそれでも借金が減った事で、早く返済できるようになりました。その後は集中して借金返済を行い、貯蓄もしつつ貯めたお金で一社完済を繰り返し、無事に完済する事ができたのです。

ギャンブルを控える事ができ、より有意義なお金の使い方ができるようになりました

自分のギャンブルへの依存が招いた多重債務でしたが、短い期間の滞納する事により各社からの催促の電話に怯え、休まらない毎日でした。しかし、追い込まれた事で専門家に相談するきっかけを得て、債務整理を利用する事で現状の自身の状態を再認識する事ができたと言えます。その事によりまずは借金返済を優先する事を決意でき、決めた金額以上はギャンブルをしないと決め控える事ができました。弁護士の世話にならなければお金にだらしない事に気づく事ができませんでしたので、結果的には良い経験だったと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理で信用情報機関に登録された人のための「トリセツ」

目次任意整理の手続きをしたらブラックリストに載る信用情報の…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

レイクの債務整理体験談

風俗にはまってしまい、借金をしました。

借入額210万円

身内の借金は肩代わりよりも債務整理を勧めたい

借入額200万円

競輪にはまってしまい借金地獄に。総額で100万円は借金をしていました。

借入額100万円

夜遊びに夢中で借金をしてしまいました

借入額150万円

浪費が原因でも減額できました

借入額200万円

バンド活動をしていた時には借金で生活していました

借入額140万円