クレジットカードで借金地獄に陥り過払金請求で問題解消

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
10年
毎月の返済額
1万5千円

インターネットショッピングにはまって借金返済に追われる生活に。

最初はETCカードの支払いにおいてクレジットカードを活用すると良いと考え、クレジットカード契約を行いました。しかし、その後にインターネットショッピングの便利さを実感して、その決済方法にクレジットカード払いがあり利用してみると簡単に商品を購入できる事からはまってしまったのです。実際には自分のお金で支払っている訳ではなく借金なのですが、自分のお金のように感じてしまい多用するようになりました。大金が必要な商品でも分割払いだからと軽く考え、働いて得る収入に関しても十分支払える範囲と計画など立てずに安易に利用して借金地獄に陥ったと言えます。

三井住友のクレジットカードで100万円の借金。

クレジットカードにおける借金返済に関しては最小支払額が少額な事もあり、毎月の支払いに関してはそれ程負担がなかったと言えます。クレジットカードには限度額があり、限度額に達すると返済しない限りは利用できませんが、返済していくとまた利用額が返済した分復活するのです。そのため、またインターネットショッピングなどを行なってしまい、いつまでも借金の元金は減らずに金利を長い間支払い続けていました。それでも生活が困窮する程ではなく、考えないようにしていましたが元金が減らない状況を明細で確認してからは危機感を感じるようになったのです。

過払金請求で金利設定の見直し!借金も全額返済できました

元金が減らない状況は最小支払額で支払っている事と金利設定の高さが原因と感じ、解決するために専門家への相談を決意しました。その結果、過払金請求ができる事になり、払いすぎたお金が戻ってきたためそれを返済にあて元金を多少は減らす事ができたのです。金利設定も低くなり、返済しやすくなり最小支払い設定以上のお金を毎月支払うようになり、その後は数年で完済してしまう事ができました。それまでに長い期間返済を続けて、無駄に金利を支払っていましたので損をしていた事に数年後に気づき少し後悔したと言えるかもしれません。

クレジットカードの計画的な利用を再検討でき、現状では必要な時以外は使用しないようになりました

過払金請求を行い支払いすぎたお金が戻ってきて、それを返済にまわし毎月の支払いも増額した事ですぐに完済する事ができました。この結果、クレジットカードの支払いシステムの利用者側のデメリットを把握する事ができ、いくら毎月の支払い負担が少なくても元金が減らない事態に陥ってしまい、損をする事に気づいたのです。これは債務整理を検討しなければいつまでも気づけずにいた事であり、専門家に相談して良かったと思っています。現状ではクレジットカードは必要以上に使用せずに、計画的利用ができるようになりこの経験は無駄ではなかったと思いました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

債務整理で口座凍結?銀行カードローンで注意すべきポイント

目次任意整理をすると銀行口座が凍結されることも……任意整理の…

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

三井住友銀行の債務整理体験談

事故のような思わぬ失業生活

借入額300万円

生活の切り替えができずに借金を負うことになりました

借入額200万円

老後破産した義両親に援助して借金をつくってしまいました

借入額230万円

夫を甘やかしたことで共倒れに

借入額80万円

借金でどうしようもなくなったら債務整理をお勧めします

借入額220万円

財産分与を行なう際には気を付けたい

借入額360万円