軽い気持ちのキャッシングで、最終的には任意整理をすることに!

2019.03.30 更新

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
2年6ヶ月
毎月の返済額
約8万円~9万円

遠く離れた実家に帰省するために借金。それが切っ掛けで借金地獄にはまってしまいました。

切っ掛けは両親の離婚騒ぎでした。年齢を重ねた両親が今になって離婚すると騒ぎだしたため、長女の私が二人の話を聞きその騒動を収めるため、遠く離れた実家へと一度帰省することになったのです。その頃の私の月収は、アパレルショップ店員として1ヶ月頑張って働いても月に20万円ちょっと。住んでいるマンションの家賃や習い事のお金、毎月の生活費などでいっぱいいっぱいだったため、地方にある実家へ帰省するにはお金を借りるしかありませんでした。そんな時インターネットで偶然に消費者金融の広告を見て、自分の家からすぐ近くの所に借りる場所があると知り、利用を始めました。

アイフル・レイクなどから40~50万円程、セゾンカードなどから各15万円の借金。月々約8万円の返済。

毎日毎日、借金返済のために一生懸命働くという状態になっていました。滞納するわけにはいかないと思っていたので、意地でも毎月の支払いをしっかりしなければと必死でした。しかしどんなに必死に働いてもショップ店員の仕事だけでは月々もらえるお金に変わりはなく、エステや脱毛などすでに契約してしまっている美容ケアへの月々の支払もありましたから、他にも早朝と夜に仕事を入れました。朝早くから深夜遅くまで働き、食事もろくに取ることが出来ず眠ることも出来なかったため、精神的にも肉体的にも限界でした。

債務が減額されました。相談したことで安心しました。

任意整理をしたおかげで、毎月の返済額が8万円からその半分の4万円になりました。その事により深夜の仕事をしなくても良くなったので、十分な睡眠時間を確保することが出来るようになりました。支払いが減ったことで、食事も3食きちんと食べられるようになりました。贅沢は出来ませんでしたが、それまでは1日中何も食べられなかった日もありましたから我慢できました。それにより体調を崩すことも無くなりました。睡眠と栄養が足りていなかったせいで、しょっちゅう風邪を引いていましたが、健康になれました。

毎日の生活と心に余裕が出来、仕事にも集中できるようになった。

自分のお金の使い方について考えを改める良い機会となりました。今までは「なんとかなるだろう」と軽い気持ちで好きなようにお金を使ってきましたが、そういった考え方では駄目で、きちんと先のことまで思い巡らし自分でどうにか出来る範囲で使わなければいけないと強く感じました。また、家族に知られることなく任意整理の手続きをすることが出来たのも良かった点です。私の場合は借金を始めたきっかけが両親の離婚騒動を収めるための帰省だったので、余計な心配をかけずに済んだことは非常に有り難かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

車ローンを債務整理対象にするとどうなる?完済後の審査は?

目次車のローンを債務整理の対象にすると、愛車はどうなる?債…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

レイクの債務整理体験談

ホストクラブにはまり、貢ぎ続けた先にあったもの

借入額650万円

私の苦しかった任意整理の体験談とは

借入額200万円

200万円の借金が減額になり生活にゆとりが生まれました

借入額200万円

過払金請求で借金を完済

借入額60万円

生活費の為にお金を借りたら借金地獄に突入しました。

借入額350万円

競馬の大穴狙いを失敗して借金生活に

借入額230万円