借金返済なら絶対に債務整理をするべき

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
140万円
借入期間
8年10か月
毎月の返済額
5万円

仕事のストレスからギャンブルにはまり、借金生活に

私は元々、技術者として働いていたのですが、会社の事業再編により、慣れない営業職に配置転換されました。その上、地方に単身赴任することになりました。見知らぬ土地で慣れない仕事をしているうち、徐々にストレスが溜まってきた私はギャンブルに手を出すようになったのです。給料は40万円ほどでしたが、それがなくなると借金をしてギャンブルをするようになりました。私はギャンブルをやめようとしましたが、ストレスが溜まるとどうしても競馬やパチンコに行きたくなり、その度に負け、また借金をしていました。

プロミスから60万円、レイクから50万円、エポスカードから30万円の借金。月々、5万円の返済。

単身赴任だったため、私が借金生活をしていることを妻は知りませんでした。しかし、そのことが余計に私を借金に走らせたのかもしれません。ただ、増え続ける借金にどうしていいか判らなくなっても誰にも相談できないのは思いのほか辛く、それがストレスになり、またギャンブルに逃げるようになってしまいました。そして、また借金をする。まさしく悪循環で、仕事にも身が入らないようになり、元々、不慣れな仕事でもあったため、とうとう私は会社をクビになってしまいました。その時はもう本当に絶望し、もうどうなってもいいと思うほどでした。

債務整理で借金を返済。人生を再スタートさせました。

追いつめられた私は弁護士の方に借金返済の相談。すると、私が利息制限法の上限金利を超える高金利でお金を借りていたことが判ったため、正しい金利で計算をし直してもらいました。その結果、私がかなりの金額を払い過ぎていたことが判りました。2社合わせて合計90万円でした。これが過払い金という形で私の手元に戻ってくることになったのです。そして、プロミスとレイクについては、借金はゼロになり、エポスカードだけが20万円借金が残りました。しかし、戻ってきた90万円でそれを支払うことが出来るため、私はすべての借金を返済する事が出来たのです。

借金がなくなり、生きる気力がわいてきました。

返しても返しても減らない借金に私はもう疲れ果てていました。仕事もクビになったため、自殺することも考えたほどでした。しかし、相談に乗ってくれた弁護士の方がとても親身になり、私の借金返済に手を尽くして下さったおかげで私ももう一度、やり直そうと決心することが出来ました。おかげさまで今は新しい職場に就職。借金とは縁のない生活を送ることが出来ています。それもこれも債務整理を行い、借金問題が解決したからに他なりません。あの時、手助けして頂いた弁護士の先生には心より感謝しております。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

レイクの債務整理体験談

結婚後の生活費として借金しました。

借入額200万円

キャバクラ通いで借金が増えました

借入額220万円

簡単な手続きで借金が無くなる過払い金請求

借入額160万円

特定調停で債務がスリムになりました

借入額200万円

ギャンブルが原因で借金地獄にはまりました。

借入額180万円

海外赴任を拒否したら仕事が無くなりました

借入額400万円