生活費の補てんで借金が膨れました

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
130万円
借入期間
5年7か月
毎月の返済額
5万円

勤め先が倒産して家のローンで生活費が苦しくなり、補てんのために借金をして膨らみました。

子どもが生まれて、子育ては庭付きの一軒家で行いたいと夫婦で夢を見て、少し無理をして住宅ローンを組んでマイホームを購入しました。しかし一年ほど後に夫の会社が負債を抱えて倒産、退職金どころか給料の支払われず、生活が困窮しました。家を手放すことも考えましたが、互いに両親が亡くなっていて頼るべき相手がいなく、アパートを借りるにしても当座の費用が必要で、そのまま済み続けた方がましと結論を出しました。夫はすぐに再就職先を見つけましたが給料が低く、私も仕事復帰をしましたが生活が苦しく、補てんでリボ払いとキャッシングをして借金が膨らみました。

楽天カードで80万円、イオンカードで50万円の借金、月々5万円の返済

住宅ローンが毎月10万で、それに加えて生活費補てんのためにリボ払いとキャッシングで130万円の負債を抱えて月に5万円支払っていました。夫の会社は基本給が安くインセンティブでプラスにする形態ですが、もともとが技術職で営業には向かず、給料は少ないままでした。毎月15万円というのは手取りの半分以上のお金で、子供が成長してきて教育費もかかり、お金のことでもめることが多くなりました。毎月の返済さえもできなく、一時的に滞納をして、督促がきて精神的に追い詰められて生きた心地がしませんでした。

個人再生で借金の総額が減って、返済に希望が持てました

督促がくるようになって、このままではいけないと弁護士さんに相談して、個人再生をお願いすることにしました。幸いにも家は手放さなくてよく、借金の総額がかなり減ってくれて助かりました。また利息分もカットされるということで、返済の期間は長引きますが、毎月の支払いを5万円から3万円にして、生活に少しだけ余裕ができました。何よりもこれまでは利息ばかりを支払い、元金がちっとも減らずに焦っていましたが、個人再生をしてゴールが見えてきてやる気になってきました。マイホームを手放さなくて済んだのも良かったです。

生活に余裕ができて、家族の絆が深まりました

弁護士さんに相談して個人再生を行い、さらに生活全般の見直しも徹底するように指導されました。最初に行ったのは紹介されたファイナンシャルプランナーに話して、加入していた保険を見直すことで、いくつか無駄が見つかり適した内容に変えることで生活費の節約になりました。さらに光熱費と通信費をまとめて安い会社にして、夫婦だけではなく子供も交えて話し合って、節約に対する意識を持つことができました。お金がないことでずっと気持ちに余裕がなく喧嘩が多かったのですが、改めて見直して協力することによって、家族の絆が深まりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

【体験談】収入のない主婦でも夫に内緒で任意整理は可能?

目次主婦が多額の借金をして生活が苦しくなった場合、正しい解…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

任意整理を円満に進めるための弁護士や司法書士の選び方

目次債務整理の1つ。任意整理の特徴は?借金の取り立てが止まる…

楽天カードの債務整理体験談

株の信用取引をきっかけに多額の借金を背負ってしまいました

借入額350万円

友達の借金を肩代わりして借金地獄になりました。

借入額310万円

車を手放せず生活費補てんのために借金をしました

借入額140万円

それまでの自分と決別すること

借入額160万円

住宅の支払いは続行します。

借入額200万円

ストレスから買い物依存症になって借金をしました

借入額180万円