ゲームの課金で借金を作ってしまいました

2019.02.06 更新

主婦

借入先業者名
借入額
130万円
借入期間
4年2ヵ月
毎月の返済額
3万円

アプリゲームにはまって課金のために借金をしてしまいました。

生まれた子供の体が弱く、常に見ていなければいけない状態で仕事を辞めて専業主婦として暮らしていました。ただ子供と二人きりの時間は物足りなく、アプリゲームにはまるようになっていきました。最初は無課金で暇つぶし程度に遊んでいましたが、交流が進むとアイテム類を充実させたくなって、お小遣いの範囲内で課金をするようになりました。ただランキングが上がるのが嬉しく、少しずつ貯金を切り崩し、生活費を流用させて、支払いが難しくなるとリボ払いにしました。ただ生活費が足りなくなり、キャッシングに手を出すようになりました。

楽天カードから80万円、イオンカードから50万円、月々3万円の返済

アプリゲームにはまって課金して、生活費の使い込みをはじめて、夫にばれるのが怖く補てんのために手持ちのクレジットカードでキャッシングをしました。働いていたころに使っていたカードで結婚後に専業主婦になっても使用できて、そのせいでさらに借金に弾みがついてしまいました。返済のために自宅でできる在宅ワークをはじめましたが、ゲームもしたくなかなか返済のお金が作れず、毎日が追い詰められた気持ちでいました。イライラして子供や夫に八つ当たりしてしまい、かなり悪い妻であり母親になって、自己嫌悪していました。

個人再生で総額の大幅減額、ゴールが見て前向きになれました

返済期間に私自身が体調を崩して入院して、その間に返済が滞って自宅に督促状がきて夫に知られてしまいました。離婚も覚悟しましたが、最初に行ったのは弁護士事務所で個人再生の手続きを取ったことで、協力して返済しようと言ってくれました。手続きの結果、借金の総額が100万円以下になり、さらに利息もなくなり、ゴールが目の前に見えてきました。また夫に知られたことで節約に協力してくれるようになり、私自身の気持ちも落ち着いて、前向きに返済に取り組むことができるようになって助かりました。

気持ちと生活に余裕ができて、夫の愛情を知りました。

借金が夫に知られて、個人再生という法的手段をとってくれて借金返済が楽になりました。それ以上に抱えていた秘密がなくなったことで、私の気持ちが楽になりました。そしてどうして借金をしたのかを話して、ゲームにはまったというよりも、寂しく逃げ場所を求めていたことが分かり、カウンセリングを受けることになりました。その結果、今は自分がアプリゲームにあれほど課金したのが不思議なくらいで、今はそういった気持ちはなくなりました。夫の深い愛情を知ることができて、ストレスを取り除くこともできて、毎日を大切に暮らすことを学びました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

債務整理の相談費用は?任意整理の必要書類や持ち物について

目次債務整理の相談費用は無料|弁護士・司法書士事務所紹介 任…

楽天カードの債務整理体験談

自分にもあった、過払い金!

借入額340万円

給料20万。生活費が5万なのに毎月の借金の返済額が5万でした

借入額140万円

彼氏にキャッシュカードの暗証番号を教えてしまい、借金を作られた

借入額80万円

友人の借金返済を手伝っていたら、自分も多重債務者になりました

借入額150万円

副業に欲を出して借金を作ることになりました

借入額130万円

一度ならず、二度もこんなことになるなんて

借入額250万円