生活に無理をして借金を作りました

2019.03.26 更新

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
2年7か月
毎月の返済額
5万円

暮らしの中で見栄を張って借金を作ってしまいました。

夫が起業して成功したことで昔からの夢だったタワーマンションで暮らすようになりましたが、経営は順調ではなく、数年後には生活が厳しくなってきました。しかし夢の住まいを諦めることができず、また周囲に対する無駄な見栄のためにかなりの生活費がかかっていました。普通に買い物をしても支払いができず、リボ払いで何とか凌いでいましたが、その返済さえも難しくなってしまいました。そこでクレジットカードに付属しているキャッシング機能を使って借金をして、なんとかその日を過ごす暮らしを続けていました。

イオンカード50万円、セゾンカード80万円、エポスカード50万円、月々5万円の返済

生活に合わない無理をした生活を続けて、気付けば借金が膨らんでいました。実際のところタワーマンションや車のローンも残っていて、すでにどうすることもできない状況になっていました。夫は家や車を売ってやり直したいと言ってきましたが、私はどうしても諦めがつかず、揉めて喧嘩が多くなりました。毎日のように借金について揉めて、何が楽しいのか分からない毎日が続いていきました。来月には借金が返せなくなってしまうかもしれない、そんなことを思いながら暮らすのは本当に辛く、毎日が地獄のようでした。

自己破産ですべてを失いましたが、気持ちは晴れました

結局のところ返済もできなくなって、夫と弁護士事務所に相談に行きました。そこで話し合ったところ、もう財産を維持するのは不可能と分かり、自己破産をすることになりました。カードローンだけではなく、タワーマンションや外車などのローンも残っていて、そちらの方も支払いが滞っていました。個人再生も考えましたが、夫の会社の業績はさらに悪化して支払いが難しいと判断されて、なにもかも失うことになりました。ただ督促はなくなり、毎月の返済に悩まされることだけはなくなり、気持ちだけは晴れました。

新しい生活を考えるようになりました

自己破産をして何もかも失って、しばらくは夫の実家でお世話になることになりました。憧れだったタワーマンションがなくなりショックでしたが、同時に督促に怯える日々がなくなって気持ちがホッとしました。そして関係が悪化して離婚一歩手前だった夫と今後のことを話し合って、無理をせず新しい生活をはじめることに決めました。夫は再び企業して今度は堅実に働くようにして、私自身も見栄を張らずに自然体で暮らすようになって、穏やかな時間を感じるようになりました。今となっては諦めるきっかけになり、良かったと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

任意整理と自己破産・個人再生の違いは?最適な借金返済手続きはど…

目次自分にはどの債務整理が最適?任意整理とは?任意整理のメ…

セゾンカードの債務整理体験談

歴史にはまって生活費を使い果たしキャッシングしたことが始まりでした

借入額120万円

一人で悩まず相談して良かった。

借入額200万円

過払い金請求で借金問題を解決しよう

借入額170万円

思い切って弁護士事務所に相談したことで借金苦から解放されました

借入額350万円

美容に力を入れて借金を作ってしまいました

借入額210万円

急いで過払い金返還請求を行った方が良い

借入額180万円