パチンコに嵌ってキャッシングで借金を作りました

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
4年3か月
毎月の返済額
9万円

パチンコにはまって、遊ぶお金欲しさにキャッシングして借金を作りました

仕事でストレスが溜まっていた時、同僚にパチンコに誘われて、そこでビギナーズラックだったのか大勝ちしました。好きなアニメの動画が見られる、ストレス解消にもなる、しかも儲けが出るというのが嬉しく、仕事帰りに寄って少しだけ楽しむようになり、少しが長くなり、気付いたら閉店までいることが増えました。勝つことはほとんどなく、小遣いは尽きて生活費や貯金を使うようになりましたが、勝てばいいと思い込んで気にしませんでした。それでも足りなく、手持ちのクレジットカードでキャッシングして遊ぶようになりました。

楽天カード80万円、イオンカード50万円、タカシマヤカード50万円

パチンコにはまってキャッシングまでして続けましたが、次第に勝てなく焦るようになり、同時に生活もできなくなってきました。毎月に返済で給料はなくなる、かろうじて家賃や光熱費は支払えていましたがギリギリで毎日が切羽詰まった落ち着かない気分で過ごしていました。それでもパチンコをすると一時的な爽快感が得られて、また時々は勝つので、必要だからと自分に言い訳してきました。しかし限界がきて滞納して、督促がきたところで事態が思っている以上に深刻であることに気づき、どうしようか現実を考えるようになりました。

個人再生で借金の総額が大きく減って、返済しやすくなりました

家賃を滞納したところで保証人である姉夫婦のところに連絡がいって、借金のこともばれました。そのまま知り合いだという弁護士事務所に連れて行かれて、債務整理の手続きをとってもらうことになり、個人再生をお願いすることにしました。無事に可決されて、借金の総額がかなり減ったのは助かりました。そして一人暮らしは危険だということで実家に戻り、家賃や光熱費が浮いたことで借金返済がしやすくなりました。利息分もカットされるので返し続けて行けばいずれ終わりが見えてくる、これが嬉しかったです。

生活を改めて見直して、生きることを考えるようになりました

借金がパチンコをしたいからということで、自分自身でも気付いていましたが、依存症であると分かり治療をすることになりました。一人暮らしではまた行くかもしれない、さらに生活費などを浮かすために親元に戻って暮らし始めました。幸いにも仕事はすぐに見つかり、個人再生を行って利息分もなくなったので、返済額を少し減らして月々6万円としました。生活費に少しだけゆとりができて、パチンコの代わりに読書や散歩などの趣味を見つけて、生きるということを改めてしっかりと考え直すきっかけになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

楽天カードの債務整理体験談

こんな手続きもある、任意整理で借金減額

借入額250万円

借金がおよそ半分になりました。

借入額200万円

ゲームに嵌まって課金で借金を作りました。

借入額110万円

聖地巡りに嵌まって借金をしてしまいました

借入額100万円

知り合った女性に好意を持たれたくて貢ぎ、借金地獄に。

借入額260万円

家のローンに追われて生活費をのためにキャッシングをしました

借入額150万円