連帯保証人となって借金を背負い込みました

2019.03.15 更新

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
3年5か月
毎月の返済額
10万円

弟の連帯保証人になって借金を背負い込みました

年の離れた弟が起業するということで銀行から融資を受ける際に連帯保証人になりました。最初は儲かっていたようですが、次第に傾いてきて、気付いた時には修正が不可能となり多額の負債を抱えて自己破産したのですが、一部の借金がこちらにかかってきました。私自身は自己破産をするわけにはいかず、必死になって負債を払い続け、しかし生活が成り立たず時にキャッシングでその場をしのいで何とか暮らしてきました。数年かけて連帯保証人の方は何とか完済しましたが、病気になり仕事が続けられず、自分の借金問題が残りました。

楽天カードから80万円、アコム、アイフルからそれぞれ50万円ずつ、月々10万円の返済

弟の事業で必要となる融資の連帯保証人になって、借金を背負い込み、そちらの方は必死になって返済しました。しかし途中で生活が成り立たなくなる時もあり、仕方なくカードローンや消費者金融を使ってその場をしのいできました。収入の方は同年代の倍近くあるので支払いはできていましたが、病気になり仕事が続けられず、入院中に滞納してしまい督促状がきて、今の状態がまずいことに気づきました。一括請求ではありませんが、滞っていた分の利息が増えて、すぐに仕事復帰できない状態での支払いは難しいものがありました。

過払い金請求と家族の融資で全額返済できました

借金は通常に戻り仕事をして収入を得れば返せる額ですが、病気が続いている中で仕事復帰は難しいと医者から告げられていて、失業保険やその他の手当では借金返済まで余裕がありません。そこで弁護士さんに相談をしたところ、過払い金が発生している可能性があると分かり請求をお願いしました。その結果、かなりの額が戻ってきて、さらに体調を崩したことを知った家族からお見舞金として融資を受けて、借金返済が可能となりました。当座の生活費はなんとか足りたので、利息を払い続けるのも無駄で一括返済しました。

借金を一括返済することができて、気持ちが楽になりました

連帯保証人としての借金がすべてのはじまりで、自分の責任で請け負ったことですから任意整理などは行いたくないと考えていました。収入や貯金もそれなりにあって問題ないと思っていましたが、時として病気になる、怪我になるリスクを考えておくべきだと分かりました。そして困った時は早めに相談するのが良く、専門家の意見は役立ちますし、今回は過払い金が発生していてかなりの額が戻ってきて助けになってくれました。誰かに借金のことを話すのは恥ずかしいことですが、生活再建のためには必要だと知りました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

楽天カードの債務整理体験談

スマホゲームで借金地獄に…

借入額総額200万円

借金生活を整理して、意向は全うな生活を送るように意識が変わりました。

借入額450万円

ママ友との付き合いの為、借金。

借入額300万円

料理下手を隠すために借金をしてしまいました

借入額130万円

【自己破産】5年間で1000万円の借金、会社に内緒のまま借金ゼロに!

借入額1,000万円

事業で失敗をして借金をすることに。

借入額290万円