兄弟の借金を肩代わりして思い知らされました

2017.11.29 更新

会社員

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
7年2ヶ月
毎月の返済額
12万円

兄弟の借金を家族全員で分担して肩代わりすることになり借金。

弟が800万円の借金を作ってしまい妻と子供を残して蒸発してしまったので、家族で200万円ずつ借金を肩代わりすることになりました。保証人として弟の嫁つまり義理の妹が入っていたことから、放って置く訳にも行かなかったのです。しかし、そのことが自分の妻には納得が行かなかったようで、子供が無かったのですぐに離婚となってしまいました。結局慰謝料を含めて合計400万円の借金を背負うことになってしまい、生活が苦しくなったわけです。身から出た錆なのか分かりませんが、家族のピンチを救うのが義務と考えていたことが原因でした。

プロミス、アコム、オリコ、三井住友銀行から各100万円の借金。月々12万円の返済。

離婚に伴い独身となったので、生活費を抑えることは可能でした。家賃12万円のマンションから家賃6万円のワンルームへ転居したことで、ある程度圧縮出来たからです。しかし、毎月12万円の返済を続けていても元金は半分も減っていませんでした。当時は金利が高かったので、三井住友銀行以外は金利が20%を超えていたからです。何年続くか分からない状態で生活して行くことに不安がありました。自己破産や個人再生も視野に入れましたが、通勤で使用している車は業務でも使っているために仕事を失ってしまうので出来ませんでした。

任意整理で借金総額を圧縮して全額返済出来ました。

金額が大きかったので、任意整理を行なう際に弁護士に依頼しました。相談に行った時に取引履歴の概要を説明して、車を維持しないと仕事が無くなることを説明すると、三井住友銀行以外はグレーゾーン金利で借入を行っていたので、金利引き直し計算で圧縮可能でした。債務調査を行った結果、消費者金融と信販会社からの借入は各50万円に減ったので、三井住友銀行からの借入を含めて合計250万円まで借金を圧縮出来ました。毎月7万円の返済は可能でしたから、最終的に毎月7万円の返済を3年間続けることで和解が成立しました。返済額が12万円から7万円に減額されたことは大きいです。

任意整理を行った結果として、人生を見つめ直す契機となりました。

お金に関する問題は、家族であっても人間関係を壊してしまうことがよく分かりました。子供がいたら離婚にまで発展しなかった可能性はありますが、債務整理を通じてお金に対する考え方が変わりました。血縁関係が濃い家族でしたが、家族全員で分担したことで結束は高まったものの、互いに保証人関係となることは止めようという話になったのです。独り暮らしで寂しく感じることも増えてきたので、転職する機会があれば実家に戻り親孝行をしたいと考えています。以前は親孝行を考えたことも無かったので、任意整理を経験したことで考え方の変化を感じています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

三井住友銀行の債務整理体験談

知り合った女性に好意を持たれたくて貢ぎ、借金地獄に。

借入額260万円

個人再生で先祖代々の土地を守れました。

借入額300万円

ズボラな会社経営の結果

借入額500万円

毎月8万円近くあった返済が任意整理で半分になりました

借入額300万円

借金でどうしようもなくなったら債務整理をお勧めします

借入額220万円

理想の結婚式を行うためのブライダルローンから借金が増えていきました

借入額300万円