社会人として大人になる心構えが必要でした

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
210万円
借入期間
4年3ヶ月
毎月の返済額
8万円

喧嘩で相手にケガを負わせてしまい示談金を払うために借金。

同僚と夕食を食べて帰る途中で、喧嘩を売られてしまい応戦したら相手がケガをしてしまいました。学生時代に武術の心得があり、有段者だったので理由の如何に関わらずケガをさせた責任が降り掛かって来たのです。示談が成立しなければ会社を解雇されてしまうので、弁護士と相談した上で入院費・治療費含めた示談金300万円を支払うことで示談が成立しました。実際には手持ちの預金を110万円使ってもまだ190万円不足していたので、消費者金融から借りて何とか納めた実情があります。弁護士費用を含めると、残った借金は220万円となってしまいました。

アイフルとモビットから各80万円、シンキから50万円のしゃっきん。月々8万円の返済。

脇の甘さから起こしてしまった事態でしたが、当初の対応に問題点があったと考えています。同僚経由で会社には説明されたので、解雇となることは無かったものの、勤務終了後はまっすぐ帰宅することが命じられました。つまり、残業は事実上禁止状態に追い込まれてしまったので、基本給のみで生活しなければなりませんでした。何年この状態が続くか分からず、生活費も節約を続けたものの返済金額が大きかったので、余裕が持てない状態に追い込まれたのです。幸い独身だったこともあり、何とか生きて行くことは出来ていましたがカツカツの状態でした。

任意整理により将来利息をカットしてもらえたので、完済出来ました。

収入アップと昇進の見込みが全く無い状態で、返済を続けることになりました。何年続くか分からない状態に希望が持てず悩んでいましたが、弁護士に相談すると任意整理でまずは完済を目指してみることを勧められました。将来利息をカットすることで、消費者金融からの高い貸付利率がカット出来れば完済が見えてくるからです。8万円の返済を4万円に減額して返済期間を5年間に延長することで解決に至りました。高い返済額では途中で滞納してしまう可能性があったので、返済額は低く抑えて期間を長く調整してもらえました。

生活費を控除しても手元に現金が残るようになり、少しずつ貯蓄に回せるようになりました。

任意整理により返済額が半減したことで、毎月4万円のゆとりを設けることが出来ました。生活レベルを最低から少しだけ引き上げて、苦しく感じない程度にすることで何とか月2万円を返済額以外に貯蓄へ回せるようになったのです。任意整理を契機として、生活費を細かく見直すようになりました。一番大きな変化としては、自炊の割合が高くなりコンビニへ行く機会が大幅に減ったことが挙げられます。生活スタイルや考え方が手堅い方向性に切り替わったと実感出来るほどの変化に驚いています。具体的な給料の使い方を研究したのは、初めてのことでした。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

任意整理を円満に進めるための弁護士や司法書士の選び方

目次債務整理の1つ。任意整理の特徴は?借金の取り立てが止まる…

任意整理後にクレジットカードの代わりになる4つの決済方法とは?

目次任意整理したら、クレジットカードはどうなる?任意整理後…

モビットの債務整理体験談

任意整理の分割回数は交渉に決まることに驚きました

借入額240万円

典型的なギャンブル依存症で多重債務者に。

借入額400万円

アイドルのハワイツアーに参加する為に借金をしました。

借入額361万円

それまでの自分と決別すること

借入額160万円

父親の借金を相続しました。

借入額450万円

給与所得者等再生は武器になります

借入額340万円