転職を決意するに至りました

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
3年9ヶ月
毎月の返済額
7万円

会社員だった時にキャバクラにハマってしまい借金。

会社員の時に上司に誘われてキャバクラに連れて行ってもらったことが始まりでした。学生時代から男子校で育ってきており、大学も理系だったので女性が周囲にほとんどいない環境で育ちました。キャバクラ嬢に対する免疫が全く無い状態だったので、擬似恋愛風の接客や営業スタイルに完全に虜とされていました。気がつくとクレジットカードや消費者金融からの借金が多額となっており、返済額が跳ね上がっている状態に陥っていました。我に返るまでに既に200万円ほど使ってしまっていたことになり、取り返しのつかないことをしてしまったと感じました。

ライフカードとオリコから各70万円、スタッフィから60万円の借金。月々7万円の返済。

毎月7万円の支払いが生活を圧迫していることは、手持ちの現金が常時不足していることから明らかでした。会社では副業が禁止されているので、残業や休日出勤を率先して行なう必要がありました。しかし、会社の業績がさほど良い状況では無かったので、期待するほど残業が出来る環境にはなく、借金の返済が思うように進まなかったのです。キャバクラに通えなくなったストレスにより、イライラした状態になっていたことが分かったので、精神的に落ち着けるよう禅寺に休日は通うなどしていました。何より精神的に依存体質を直す必要があったのです。

任意整理により金利を考えずに返済出来ました。

完全に浪費が原因だったことと、金利が無ければ何とか返済出来るギリギリの金額だったので、司法書士に依頼して任意整理を行ってもらうことにしました。将来利息をカットしてもらえれば、司法書士に支払う金額よりも遥かに多くの利息を削減出来ると考えたからです。債務調査を行なうと、最終的には一部グレーゾーン金利があったので、借金総額は147万円に圧縮出来ました。毎月4万円を3年間支払うことで完済出来たわけです。20%前後の金利で借り続けていたら5年経過しても返済出来なかったことを考えると良かったです。

誘惑に負けない精神力が必要だと感じて、転職を決意しました。

会社員としての仕事を続けても、誘惑に負けやすい性格は変わらないと考えられました。任意整理を行った際に、他のことを一切考えずに返済に集中することで、キャバクラ依存を無くすことが出来ました。債権者の方には迷惑を掛けてしまい申し訳ないと思っています。精神的な修行が大切だと考えて、仏教を学べる大学に入り僧侶へと転職することを決意しました。債務整理を行なうことで、人生をもう一度冷静に見つめ直す機会を与えてもらったと考えています。まだ一人前には程遠いですが、進むべき道を得られたことは幸せだと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理はどの消費者金融の借金なら出来る?他の債務整理が良い場…

目次クレジットカード、住宅ローン、銀行ローンと消費者金融も…

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

借金問題解決のため、夫婦で債務整理をする場合について

目次夫婦のどちらも借金がある場合の債務整理について夫婦で借…

ライフカードの債務整理体験談

急いで過払い金返還請求を行った方が良い

借入額180万円

過払い金が手に入りました。

借入額130万円

借金生活から解放されました。

借入額200万

投資に失敗して生活費が不足する事態に

借入額340万円

母子家庭で生活苦のため借金をするように

借入額300万円

車を失わずに済みそうです。

借入額150万円