怪我をして治療費や生活のために借金をしました

2019.03.30 更新

会社員

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
3年6か月
毎月の返済額
4万円

事故を起こしてしばらく入院、治療費と生活費のために借金をしました。

働きはじめて少し経った頃、プライベートで交通事故を起こして強制的に入院生活となりました。問題はまともに保険に入っていなかったこと、仕事中ではなくプライベートの時間だったことで会社からの援助が出なかったことです。働き始めたばかり、さらに大学の奨学金の返済もあって貯金はほとんどなく、退院後に治療費が払えずキャッシングでお金を作りました。さらに退院してしばらくは生活費も足りなくて、仕方がなく同じようにキャッシングをしてつくり、ちょっとの間に借金が膨れ上がってしまいました。

楽天カード50万円、イオンカード50万円、月々の返済4万円

突然の長期にわたる入院生活で貯金がすべてなくなって、治療費や生活費のためにクレジットカードでキャッシングを行いましたが、毎月の返済がかなり大変なものでした。収入はそれほど多くなく、4万円の返済というのは私にとってはかなり大変なものでした。生活を切り詰めなければいけなく、食費や光熱費などをぎりぎりまで削っての生活は潤いがなく、毎日が辛いものでした。欲しい服も買うことができなく、同僚にランチを誘われても断らなければいけなく、なんとなく毎日が惨めなもので楽しさがありませんでした。

任意整理で借金の額が減って、完済が見えてきました

薄給の中で毎月の返済はそれなりに負担になってきて、何よりも利息分ばかりを支払い、元金がまるで減っていないことに気付いて不安を感じるようになってきました。そこで弁護士さんに相談したところ、債務整理の中で任意整理と個人再生のどちらかをすすめられて、リスクを考えたところ任意整理を行うことにしました。金融会社との交渉の結果、金利がカットされて借金の総額が減って、返済の可能性が出てきました。返済を続ければゴールが見えてくる、その希望は大きくやる気にもつながって、前向きになれました。

返済のゴールが見えて、気持ちが前向きになりました

借金の大きな原因が治療費にあり、弁護士さんに相談した時にファイナンシャルプランナーに話して今後のためにも適した保険に加入するように言われました。実際に自分でも苦しんだのですが、その後に借金の返済に困って保険加入のことなんて考えもしませんでした。そこで言われた通りに相談をして、保険に加入しました。その後に病気になったのですが、加入しておいてよかったです。さらに生活費の見直しをして、光熱費や通信費をまとめることで、毎月の支払額を下げることに成功して、生活が楽になりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

楽天カードの債務整理体験談

債務整理をしたら借金がなくなりました

借入額120万円

夫に内緒の趣味で借金

借入額80万円

【自己破産】5年間で1000万円の借金、会社に内緒のまま借金ゼロに!

借入額1,000万円

単身赴任で転勤し、接待や付き合いのほか遊興費が増えたことで毎月の生活費が不足し、カードローンなどで借金をしました。

借入額約1200万円

ホストクラブにはまり借金。気づいた頃には借金苦に。

借入額300万円

会社の大事な機械を壊してしまいその弁償のため

借入額60万円