バイナリーオプションは50%ではない

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
170万円
借入期間
4年1ヶ月
毎月の返済額
7万円

バイナリーオプションで負けが込んでしまって借金。

会社の給与がベースアップすら期待出来ない状況となったので、FXを行なうことにしました。自動取引ツールなども提供されていますが、仕事を持ちながら行なうにはリスクが高いと考えられます。最初の2年間は順調に利益を計上していましたが、バイナリーオプションで負けが込むようになってしまい、抜け出せない状況となってしまいました。負けを取り戻すために借金をして更に取引を続ける状態から、返済を自分の給料から支払うことを考えていなかった点が問題です。バイナリーオプションで取り戻すことにのみ意識が集中してしまったのです。

アイフル、レイクから各60万円、フクホーから50万円の借金。月々7万円の返済。

バイナリーオプションで最初に負けが込んだ時には、アイフルとレイクからの借入で取り戻して一括返済しました。一度返済出来たことで安心してしまい、利用可能枠を使い切るまで借入を行ってしまったのです。慌ててフクホーからの借入で繋ぎましたが、深追いすることで更に借金を増やしてしまいました。給与が出ても支払で毎月7万円が消えてしまう状態には、焦りしかありませんでした。バイナリーオプションではスプレッドと呼ばれる手数料が高いので、実際には勝ち負けは50%ではなく手数料を考えると負けが多いわけです。

任意整理により、確実に返済出来る金額まで減額出来たので、完済に至りました。

借入額事態は220万円まで膨れ上がりましたが、バイナリーオプションの取引を止めて預かり資金の返金から返済充てたことで、借金額は170万円となりました。毎月7万円の返済を行っても、元金は3万円にも満たない金額しか返済されないことが分かったので、任意整理を行なうことを決意して司法書士へ相談しました。債務調査の結果、アイフルからの借入は金利が20%を超えていたので金利引き直し計算を行い20万円借金が減額されることになりました。借金総額150万円を将来利息カットした上で、月4万円ちょっとの返済額を3年間支払うことで完済出来ました。

完済という目標を設定することで、生活費を冷静に見直せました。

任意整理を行った結果として、最も大きかったことは債務総額を圧縮して将来利息をゼロにカット出来たことです。今まで支払額の半数以上が利息の支払に消えていたので、完済がいつになるのか分からない状態でした。金利に負われない生活を送ることが、いかに大切かを実感するキッカケになったのです。今まで何となく使っていた生活費を、まるで第三者の家計簿を覗くかのように分析して冷静に判断出来るようになったことは大きいです。任意整理を行ったことで、今までとは支出に対する意識が大きく変わりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

レイクの債務整理体験談

スマホゲームの料金で借金を作ってしまいました

借入額150万円

任意整理で借金返済に成功しました

借入額160万円

携帯電話の支払いに借金をしてしまい、借金を繰り返すようになりました

借入額200万円

小規模個人再生手続きは債務額が大きいほど効果があります

借入額670万円

身も心も軽くなる瞬間

借入額350万円から金利などを含んで400万円近くになりました

喜びをゲットすることができました

借入額300万円