債務整理による借金地獄からの脱却

2019.03.12 更新

OL

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
3年6ヶ月
毎月の返済額
8万円

仕事のストレスから得ている収入以上の金額をクレジットカードで使うようになり、借金が膨らむ。

看護師で働いている私は30万円ほど手取りがありましたが、激務のため気付けば買い物が一番のストレス発散法となっていました。次第に欲しいと思ったものは買わないと気が済まなくなり、クレジットカードを多用するようになりました。最初は返済額を気にしていましたが、感覚が麻痺して行き毎月使う金額も増えて行きました。買い物だけでなく生活レベルの高い友人との付き合いにもお金を投じたことで全額を返済するのに時間がかかり、利息を増やしてしまっていました。今思うと、典型的な買い物依存症で判断力が低下していました。

JCB、武富士から各50万円、アコムから20万円、プロミスから30万円の借金。月々8万円の返済

一時期は限度額いっぱいまでクレジットカードを利用することに危機感を感じないようになっていました。買い物を続ける内にクレジットカードの返済で生活費が圧迫されるようになり、債務整理を行うことを考えるようになりました。月々の返済に追われて友人に遊びに誘われても断ることが増え、実家の両親からは貯金をしているのか聞かれることが苦しかったです。借金のことで頭がいっぱいになり次第に暗くなる私を心配した上司の勧めで心療内科を受診するようになり、買い物依存症から脱却すると共に全額返済したいと思うようになりました。

過払い金によって月々の返済額が減り、あと1年で全て返済出来そうです。

自己破産を覚悟して任意整理をした結果、過払い金があることが判明しました。毎月の返済額が8万円から4万円に減ったことが債務整理をした一番の収穫だと思います。私には奨学金の返済もあったので、自己破産することで保証人である実家の父親に心配をかけることは避けたかったので助かりました。月々の返済額が減ったことで切り詰めた生活をしなくて済むようになり、自炊してバランスの良い食事をとれるようになったのも嬉しかったです。借金返済の不安から不眠になった時期もあったのですが、夜もぐっすり眠れるようになりました。

債務整理をしたことで、買い物依存症の治療に集中出来ました

債務整理をしたことで、買い物依存症の治療に専念出来るようになりました。今では無事に治療が終了し、ストレスを買い物以外で発散する方法も見つけました。任意整理をしたことは家族や友人、職場にもばれていないので余計な心配をかけたり、恥ずかしい想いをしなくて済んだことも良かったです。債務整理を通して月々の返済額が減ったので、無理のない範囲で貯金が出来るようになったことも嬉しいです。以前から興味のあった絵画教室に通ったり、気の合う友人とランチを楽しむなどプライベートも充実しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後に借金が払えないとどうなる?滞納した時の対処法

目次借金を滞納(延滞)すると和解内容は無効になる和解内容が…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

任意整理した借金を一括返済で支払いすれば得する?

目次任意整理をした借金の一括返済を考える任意整理した借金は…

武富士の債務整理体験談

結婚してからも夫に隠れて借り続けた借金250万円が原因で任意整理をすることに

借入額250万円

債務整理をすることによって、金銭面の不安が解消!

借入額600万円

過払い金の対象だったのでお金が貰えました

借入額200万円

離婚が借金の始まり、最後には任意整理をしました

借入額240万円

当時の収入は20万円でしたが180万円借りていました

借入額180万円

過払い金が手に入りました。

借入額130万円