子どもの教育に力を入れ過ぎて借金をしてしまいました

2019.03.30 更新

主婦

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
3年7か月
毎月の返済額
6万円

子どもの教育にお金をかけすぎて生活費が足りなく、借金をしました。

不妊治療をしてやっと授かった我が子が可愛く、教育に熱が入りました。習い事を増やしていって、勉強も小さな頃から家庭教師を頼んでいて、教育費にかなりの額を費やしていました。しかし夫の勤め先が業績が悪化して、ボーナスがなくなってしまい、給料も減りました。それでも子供が望むように、私自身が納得できる教育を受けさせたく、無理をしてそのままの状態を続けていました。私自身もパートに出ましたが焼け石に水で、最初に家賃が払えなくなってキャッシングに手を出して、そのまま増やしていってしまいました。

セゾンカード80万円、セディナ80万円、月々6万円の返済

夫の給料が下がったにも関わらず、子供の教育に力を入れたくかなりのお金を費やして、家賃など生活費が足りなくなりました。そのため手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用して何とか支払い、私自身もパートに出ましたが返済するのがやっとで余裕がない毎日が続きました。食費を節約しようと品数を減らすと夫から文句を言われて、仕方がないと分かりながらもこちらも腹立たしく、喧嘩が多くなり家庭環境が悪化しました。いつも何かに追い詰められているような、落ち着かない気持ちの日々が続きました。

任意整理で総額が減って利息がなくなり、返済が少し楽になりました

生活がまったく楽にならず、借金だけが増えてく中で危機感を覚えて弁護士さんに相談に行きました。そこで債務整理をすすめられて、子供の将来を考えて任意整理の手続きを取ってもらうことにしました。その結果、利息分がカットされて借金に総額も減りました。これまで利息分ばかり支払って元金が減っていなく、手続きを取ってくれたことで返しやすくなりました。見えなかったゴールがやっと目に入るようになって、返済計画を立ててもらい、それにそって払っていけばやがて終わると思えて気持ちが前向きになりました。

家族で話し合って絆が深まりました

弁護士さんに相談して任意整理の手続きをしてもらい、返済に関して少し楽になりました。それと同時に生活費の見直しをするように指導されて、家族で話し合うようになりました。これまで夫とは半ば喧嘩腰で話していましたが、子供を交えたことはなく、一緒に話すと無理をしなくていいと言われました。逆に無理をさせていたことに気付いて、本当に子がやりたい習い事だけ残して他はやめました。同時にこれまでの夫に対する態度も改めて、家族の絆が深まりました。本当に大切なものが何か分かるきっかけになってくれました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

イオンカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次イオンカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

セディナの債務整理体験談

自己破産を選ぶと車も処分されます

借入額400万円

ズボラな会社経営の結果

借入額500万円

精神的に楽になりました

借入額290万

任意整理のおかげで借金が約1/4にまで減り、人生をやり直すことができました

借入額300万円

借金の負担は軽くできる!/31歳パート

借入額2850万円

やっと普通の生活に戻ることができました

借入額190万