浪費癖がたたり、多額の借金をするハメになりました。

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
6年2ヶ月
毎月の返済額
6万5千円

浪費癖がたたり、消費者金融に手を出しました。

私の家は貧乏で、子供の頃はおもちゃなどをほとんど買い与えて貰えませんでした。誕生日やお正月、クリスマスなどで、周りの友達はプレゼントやお年玉を貰って嬉しそうにしているのです。私はいつもそれを羨ましく眺めているだけなのです。そのため子供の頃の私は、大人になったら欲しいものを我慢せずに買おう、と心に決めていたのです。そして会社に勤めだしてからは、子供の時にしたくても出来なかったことをするようになりました。初めは給料の範囲内で買い物をしていたのですが、それだけでは飽き足らず、消費者金融にお金を借りてまで買い物をするようになっていったのです。

プロミス、アイフル、アコム、モビットから各100万円。月々6万5千円の返済。

消費者金融にお金を借りるようになってからは、浪費に拍車がかかりました。自分が思っていたよりも簡単にお金を借りることが出来たので、始めは驚きました。しかし、お金を借りていくうちに金銭感覚が段々麻痺していき、借金額を把握することすらなくなっていったのです。今借りている会社でお金が借りられなくなったら、どこか他の会社で借りたらいいと思うようになり、返済をしようとは微塵も考えていませんでした。そのような生活を何年も送っていたら、どの会社からもお金を借りることが出来なくなってしまったのです。

借金と向き合うきっかけを与えてくれました。

どの会社からもお金を借りることが出来なくなって初めて、自分の堕落した生活に気づかされました。しかし、気づいたときにはとてもではないですが、返済をしていけそうにない借金があります。自己破産をしようと頭によぎったこともありましたが、少しずつでも借金を返済していきたいと思い、任意整理をすることに決めたのです。今までの浪費癖を改め、自分の借金を見直すきっかけにもなると考えました。そして任意整理をしたことで、毎月6万5千円返済しなくてはいけないところを、約半額の2万5千円まで減らすことが出来たのです。

お金に対する考え方が変わりました。

債務整理をしたことで、お金に対する考え方が変わりました。今までは、貯金をしようなどとは一切考えず、欲しいものを片っ端から買っていたのです。しかし、返済が出来なくなるほどに借金をしてしまったことで、自分の無責任な行動を改めようと思ったのです。お金にだらしない自分が招いてしまった結果をしっかりと受け止め、少しずつ借金を返していこうと思っています。借金の返済はもちろんのこと、新たにお金を借りなくて済むよう、給料の範囲内でやりくりが出来るように考えて買い物をしていきたいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

債務整理はバレない?家族や会社に内緒で借金返済する方法

目次債務整理の中には家族や会社にバレやすい手続きもある自己…

モビットの債務整理体験談

母の自宅介護で働ける時間が限られていました。そのため生活費を借金で賄うしかなかったのです。

借入額400万円

デザイナーの仕事は会社の看板で貰っていた事実を知らなかった

借入額320万円

先を見通した援助で救われた!

借入額450万円

司法書士が借金の状態を細かく管理してくれたので合理的に借金を完済できた

借入額240万円

債務整理をして生き方が変わりました

借入額200万円

ギャンブルがやめれなくて借金をするように。

借入額280万円