私にもできた過払い金返還

2019.03.25 更新

40代会社員

月収
借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
12年3ヶ月
毎月の返済額
8万円

趣味の自動車にお金をどんどんつぎ込んでしまい借金にハマる。

若いころからの趣味である自動車にお金をつぎ込んでしまう癖が直りません。妻にはとっくに愛想をつかされており、家庭内別居状態になっています。特に40代になってから以降は、毎年のように自動車を買い替えるなど、身の丈を超えての趣味になっていました。自分の給料の範囲内では飽き足らずに、サラ金業者やクレジット会社に手を出すようになってしまいました。勤務先はしっかりとしていたこともあり、多くのお金を借りることができました。その後、年齢を重ねるとともに、給料が下がり、返済が厳しくなってしまいました。

アイフルとレイク、モビットやジャックスから50万円ずつの借金。月々の返済額は合わせて8万円。

自動車にばかりお金をつぎ込んでしまい、家族からは、相手にされないようになっていきました。妻には、すぐにサラ金業者やクレジット会社にお世話になっていることはバレましたが、特に指摘を受けることはありませんでした。小遣いの範囲内であれば、構わないという考え方が根底にあります。勤務先が安定していて、収入もある程度ありましたので、返済を続けることができました。しかしながら、定年退職が近づく頃になると、残業時間もなくなり、次第に厳しくなってしまいました。債務整理を検討するようになりました。

今までのような苦しい返済がなくなりました。

遅れながらも返済をしていましたが、弁護士事務所に相談することにしました。年金生活に入り、将来に不安を感じたからです。弁護士は、実に丁寧にカウンセリングをしてくれました。私自身も過去の歴史を振り返りながら、正直に話すことに努めました。サラ金業者やクレジット会社の名称はもとより、借入してからの期間や借入額などをリストアップしました。弁護士は、過払い金請求ができると太鼓判をおしてくれました。私は、特段の知識は持っていませんので、弁護士に任せていましたが、100万円を超える過払い金の返還を実現することができました。

過払い金を手にすることができ、将来にも希望が持てました。

もう少し早めに弁護士に相談すれば良かったとも思っています。私自身は、とにかく自動車の購入や改造などにばかり、神経を注いでいたため、過払い金請求などの知識も遅れてしまっていたのが、このような事態につながってしまったと思っています。弁護士とのカウンセリングの中では、もう少し家族との時間を持った方がいいという指摘を受けることになりました。特に妻とは、老後においても寄り添うことになるため、仲良くすることを勧められました。借金のことばかりでなく、生活全般を見直すきっかけになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

レイクの債務整理体験談

借金をしている間は大変さに気が付かない

借入額320万円

ブランド物を通販で買い漁った結果、支払いが出来ず借金。そのまま借金地獄にはまってしまいました。

借入額200万円

ダラダラと支払い続けていた借金を完済できた

借入額180万円

自分も理解した上でやるべき債務整理

借入額180万円

十分な貯蓄が無いうちに起業しても失敗します

借入額400万円

収入以外に自由に使えるお金が欲しくて借金、収入が減ってしまい借金地獄に陥りました。

借入額250万円