妊娠と出産で生活費が足りず借金をしました

2019.03.13 更新

主婦

借入先業者名
借入額
130万円
借入期間
4年1か月
毎月の返済額
3万円

妊娠と出産で生活費が足りなくなりキャッシングして借金を作りました。

結婚当時は共働きで生活費を折半していて、しかし私が妊娠して悪阻がひどく働くことができなくなっても生活費をそれ以上はくれなく、貯金を崩しながら生活をすることになりました。しかも出産費用も折半ということで、その頃には貯蓄がなくなり、生活費が足りなくなって仕方がなく手持ちのクレジットカードでキャッシングをして補てんするようになりました。働き始めればすぐに返済できると思っていましたが、産後も体調が悪いままで、なかなか職場復帰ができなくて借金が少しずつ増えて行ってしまいました。

楽天カード80万円、イオンカード50万円、月々3万円の返済

妊娠と出産で体調を崩して仕事を休職している最中に生活費がなくなり、仕方なく手持ちのクレジットカードからキャッシングをして補てんして暮らしていました。自宅でできる内職をしていましたが、毎月の返済にも時として困るくらいで気が休まるときがありませんでした。精神的なストレスから母乳も出てこなくなって、夫に少し協力してくれるように頼みましたが断られてしまい、しかも不機嫌になって当たってくるようになりました。借金と夫からの嫌味や皮肉、さらに子育てで精神的い追い詰められていきました。

任意整理で利息のカットと借金の総額を減らすことができました

自宅にいても気が休まらず、姉を頼ってしばらく居候をさせてもらうことにしました。そこで借金のことを相談して、弁護士事務所に連れて行かれて債務整理の手続きをとってもらうことになりました。当時は休職中で個人再生は無理ということで、任意整理をお願いして、無事に金融業者と和解できて利息のカット、さらに借金の総額も減りました。姉も融資をしてくれて、借金の問題がクリアされたことで精神的に落ち着いて、気持ちが前向きになってきました。また返済のゴールが見えたのもよく、頑張ろうと思えるようになりました。

暮らしの改善を行い、子育てに集中できるようになりました

借金問題から夫のことも話して、このままの状態が続くようなら離婚も視野に入れた方がいいとアドバイスを受けました。自分ではわかりませんでしたが、夫が行っているのはいわゆる経済DVと分かり、借金をして精神的に追い詰められた原因であると知りました。暴力は振るわれていませんが、私自身も離れて落ち着いたのが自分でもわかり、何度か夫と話し合いましたが平行線のままで、結局は離婚の手続きを取ってもらうことにしました。慰謝料と養育費が認められて、しばらくは子育てに専念できるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

楽天カードの債務整理体験談

事業で失敗をして借金をすることに。

借入額290万円

交渉中は緊張しました

借入額120万円

甘かった自分の判断に反省/32歳フリーランス

借入額240万円

ゲームに嵌まって課金で借金を作りました。

借入額110万円

ペットが病気になり治療費を得るため借金をしました

借入額180万円

独身仲間が儲けを出したと言う株を買う為、借金。

借入額200万円