ブランド品の購入を我慢できずに/32歳主婦

2019.02.06 更新

30代主婦

月収
借入先業者名
借入額
350万円
借入期間
2年3ヶ月
毎月の返済額
12万円

独身の頃から買っていたブランド品に拍車がかかり、カードだけでは足りずキャッシングで借金地獄に。

独身の頃からブランド品が好きで、バッグを中心に靴や服も揃えていました。収入は良いほうだったのでカードの限度額も比較的高く、遂に使い切ってしまったところで止めておけば良かったんです。さらに別のカードを作り、果てはそれぞれのカードのキャッシングにカードローンと少しずつ悪循環を始めていきました。何社か借りてしまったのは良くありませんが、一番の失敗はリボ払いです。あっという間に利息がふくらんでいました。看護師をしていましたがカードの返済が間に合わず、病院に内緒でアルバイトしたこともあります。

エポスカード、セゾンカードなどショッピングだけで200万円。月々の返済は10万円を超えました。

独身の頃から使っていたセゾンカードがまず限度額いっぱいになってしまい、リボ払いでどうにか返済していましたが、足りずにエポス、楽天と新たに作りました。実は夫と結婚する前にセゾンカードのリボ払いを知られてしまい、高額な利息とショッピングの金額を責められ、100万円程一括で払ってくれていたんです。でも、持っていたためにまた使ってしまいました。仕事は続けていたので返済は問題なくできましたが、夫の転勤についていくことになり、退社することになって途方に暮れました。カードローンを作ってそこから返済に充て、家庭どころではなくなっていました。

ギリギリ助かったという気持ちで足が震える思いでした。

夫に知られるわけにはいかないので、弁護士さんに相談し、まず独身の頃に完済していたカードの過払い請求をしてもらいました。それから返済中のカードに1社ずつ交渉して頂くことで任意整理することにしました。金額的にも任意整理は難しいというギリギリだったようです。個人再生か自己破産をすすめられましたが、そうなると離婚は必至です。過払い金請求で取り戻したお金を返済に充当し、他にもブランド品をかなり処分して充てました。金利の交渉をしてもらったところ、12万円の返済が4万円に抑えられました。

夫と気兼ねなく笑えるようになりました。

後から考えると何故あんなにブランド品にこだわったのか不思議なくらい、冷静に買う物を考えられるようになりました。高価なものではなくても、良い物はたくさんあります。今は使い勝手の良い物や着やすい手頃な服で十分だと感じています。一度は払ってくれた夫を裏切ってしまい、気づかれずに返済ができたのは本当に幸いでした。転勤先に引っ越してからは週に数日だけ短時間で働いていたので、その給与の中で返済できる金額に落ち着いた時には本当にホッとしました。相談するタイミングを逃していたらと思うと今でも震えます。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を円満に進めるための弁護士や司法書士の選び方

目次債務整理の1つ。任意整理の特徴は?借金の取り立てが止まる…

債務整理で業者との和解交渉にかかる期間はどのくらい?

目次債務整理にかかる期間は?早ければ数日?過払いが発生して…

任意整理をするなら必ず押さえておくべき手続きの流れ

目次任意整理を依頼した場合の具体的な流れを把握する面談から…

楽天カードの債務整理体験談

ギャンブルで借金を背負い込みました。

借入額250万円

私が借金を始めたきっかけは風俗でした。貯金も使い果たし、挙げ句、借金をすることになったのです。

借入額200万円

給料20万。生活費が5万なのに毎月の借金の返済額が5万でした

借入額140万円

家族カードの管理は難しい現実

借入額390万円

ホストクラブにはまり借金。気づいた頃には借金苦に。

借入額300万円

自己破産のデメリットはあまりない

借入額170万円