ギャンブル依存症になり借金地獄に。

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
1000万円
借入期間
5年2カ月
毎月の返済額
16万円

生活費や、ギャンブルに注ぎ込むお金のために借金をしました。

私が借金を始めたきっかけは、ギャンブルにハマってしまったことです。競馬で1度大きく勝ったことがあり、その時の快感が忘れられなくなりました。その時はたまたま運がよかっただけだと、今ならわかります。ですが、当時の私はギャンブルに魅了されていたのです。一攫千金のチャンスがあると信じて、頻繁に競馬場に通っていました。負けたらその負け分を取り戻すためにまた賭ける、ということを繰り返していました。勝ち負けに一喜一憂して、気がつけば給料のほとんどを競馬に注ぎ込んでいたのです。それでも飽き足らずに、借金までするようになりました。

アコム、プロミスから各500万円の借金。月々16万円の返済。

元々会社員として働いていた私は、休日になると必ずと言っていいほど競馬場に通っていました。レースに熱中している時だけが唯一楽しいと感じられる時間だったのです。毎日毎日時間に追われながら仕事をし、上司と部下に板挟みにされる人間関係に嫌気が差していました。競馬は大金をゲットするチャンスと同時に、ストレス発散の場だったのだと思います。そしてどんどん競馬にのめり込み、生活費までギャンブルに注ぎ込むようになってしまいました。そうなると生活をしていけないので、消費者金融に手を出してしまったのです。

ギャンブル依存症を治そうと思いました。

ギャンブルにハマった私は会社を休みがちになりました。初めは仮病を使って休んでいたのですが、それにも限界があります。給料も減らされ、しまいには会社をクビになってしまったのです。そこで初めて自分がギャンブル依存症になっていたのだと気がつきました。会社をクビになってしばらくすると、家に借金の催促状が届きました。しかし私は会社をクビになってしまっているため、借金を返済していける目処は立ちません。再就職をしようにも、40代という年齢がネックになります。そのため私は、自己破産することを選びました。

借金の返済が出来ないという不安がなくなりました。

私の場合、借金を返済する以前に、まずは仕事を探さなくてはいけませんでした。正直、生活費を確保することだけで精一杯です。借金の返済にまで頭が回らないというのが現状でした。催促状が届くたびに、私は不安に襲われました。自分が蒔いた種とはいえ、この先どうしたらよいのかわからなかったからです。しかし、自己破産をしたことで、借金返済が出来ないという不安から解放されました。今はギャンブルには手を出さずに、フリーターとして細々と生活をしています。今でも時折ギャンブルをしたいという衝動に駆られることもありますが、自己破産をしたという過去を思い出し、グッとこらえています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

任意整理をするなら必ず押さえておくべき手続きの流れ

目次任意整理を依頼した場合の具体的な流れを把握する面談から…

任意整理の期間と手続きの流れ〜和解・返済期間

目次任意整理の手続きから完済までの流れを解説弁護士・司法書…

プロミスの債務整理体験談

過払い金請求の相談/40歳エンジニア

借入額200万円

風俗にはまってしまい借金してでも通い、借金地獄に。

借入額150万円

自分で自由になるお金が欲しくて借金をし、趣味にお金を使いこんでしまい借金地獄に陥りました。

借入額280万円

借金を払い過ぎたみたいで過払い金が返還されました

借入額150万円

社会人となったら自制心が大切です

借入額360万円

債務整理をして生き方が変わりました

借入額200万円