金銭感覚の狂いがきっかけで借金地獄に陥りましたが任意整理で救われました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
5年4ヶ月
毎月の返済額
5万円

当時の平均年収程度は貰っていたのですが、一人暮らしをきっかけに借入が嵩み借金が膨らむことに。

就職先の会社が地元だったこともあり、入社してから数年間は実家から通っていたので、収入のほとんどを自分の遊興費の為に使うことが出来ました。地元では名の通った老舗企業に入れたことで安心しきってしまい、将来に備えて貯金をするという考えが抜け落ちていたんだと思います。転勤してからも狂ってしまった金銭感覚を正すことが出来ず、どうしても月末に家賃や光熱費が足りなくなってはクレジットカードやカードローンでお金を借りるという繰り返しを続けた結果、気づけば借金が雪だるま式に増えていた次第です。そして素人にも拘わらず当時ブームだった株式投資に手を出したことで、更に借金は手が付けられない額に増えてしまいました。

楽天カードと三井住友から計150万円、消費者金融3社から各50万円の借金。毎月約5万円の返済。

各金融業者に返済しなければならない金利負担だけで毎月5万円にも及んでしまい、生活は明らかに苦しくなりました。業者への支払いだけで手一杯で、知人や友人から借りたお金を全く返さなかったので、その関係はどんどん悪化。友人の数は激減してしまいましたし、知人を通じて会社に私の多重債務がバレてしまうのではないかという恐怖に苛まれてしまうようになりました。しかも、これだけ辛い思いをしても借金の元金が全く減らないという事実は、私から徐々に本来の活力を奪っていきました。今思えば、軽い鬱になっていたのかも知れません。

任意整理で借金が約半分に減りました。優しくも毅然とした感のある弁護士さんがとても頼もしかったです。

まず弁護士さんに現状について説明したのですが、自己破産はちょっと厳しいと言われました。自己破産をするには借入額が足りないということです。そんなおかしな話があるのかと思ったものですが、自己破産をすると官報に自分の住所氏名が載ってしまい会社にバレてしまうリスクが高いということで、弁護士さんが薦めてくれた任意整理を選択しました。かなりやり手の弁護士さんだったようで、返済期間がかなり長かったことなどを理由に借金総額は半分に圧縮成功。4年分割で毎月の支払い額は3万2千円にまで減りました。

利息だけを支払い続ける無間地獄のような状況から解放され、全身に活力が戻ってきました。

弁護士さんと正式に契約した直後から各金融業者との話合いが終わるまで返済が一時ストップされたので、その間にとても気持ちが楽になりました。鬱同然だった気分もだいぶ改善されて気力が戻って来ましたし、この準備期間がなければ任意整理の返済すら滞っていたかも知れません。任意整理は利息が免除されるので、毎月返済するたびに確実に借金が減っていくというちょっとした成功体験は、私の日常生活に好影響を与えてくれました。もし返済を投げて借金を膨らまし自己破産を選んでいたら、現在の張りのある生活は取り戻せませんでしたし、何より会社にばれて退職に追い込まれていたかもしれません。債務整理にともなう弁護士費用は約20万円ほどでしたが、高くない費用だったと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理で口座凍結?銀行カードローンで注意すべきポイント

目次任意整理をすると銀行口座が凍結されることも……任意整理の…

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意点1.三菱UFJ…

楽天カードの債務整理体験談

借金がおよそ半分になりました。

借入額200万円

住宅の支払いは続行します。

借入額200万円

バンドの追っかけで借金をしてしまいました

借入額130万円

買い物依存症で借金をしてしまいました

借入額150万円

毎月8万円近くあった返済が任意整理で半分になりました

借入額300万円

会社倒産で生活費の捻出から借金に陥りました

借入額100万円