任意整理は滞納前に始めると成功しやすい/45歳会社員

2019.03.26 更新

40代会社員

月収
20万
借入先業者名
借入額
400万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
10万円

相続したものの負債が含まれていて借金を抱えることに。

母は既に他界しており、父の遺産を相続することになりましたが、後で多額の借金があることが判明しました。限定相続という制度を知らずに単純相続してしまったので、一括返済を迫られており消費者金融から借りて返済しました。残った消費者金融からの借入について返済を続けていたものの、400万円の借金は中々減らずに300万円まで減ったものの、会社が倒産して転職先が見つかるまで返済の見込みが立たない状態でした。金利が高かったこともありますが、何とか返済を続けていたものの生活は苦しい状態でした。

アコム、アイフル、ライフ、プロミスから各100万円の借金。

滞納は無く働き続けていたものの、毎月10万円の返済を行っても元金よりも利払いが大きい状態でした。3年返済を行って減った借金は100万円分となっていたので、まだ300万円残っていました。会社の経営状態が危なくなっていることが判明したので、注意していましたが倒産してしまってからは、返済に困り生活レベルを下げても厳しい状況が続いていました。毎月10万円の返済を続ける際に、収入が20万円を切ることもあり厳しいと実感しました。失業手当をあてにせず、とにかくすぐにバイトを始めて生活が崩壊しないように気を付けていました。

元金のみを返済することになり3年で完済しました。

任意整理を弁護士に依頼すると、債務調査から開始となりました。アイフルとアコムからは過払いがあることが分かったので、金利引き直し計算を行った結果として借金合計が100万円減り、合計200万円となりました。交渉により将来金利、経過利息を全額カットして元金のみの返済を行なえば良いことになったので、毎月の返済額が10万円から6万円に減額となりました。3年かからずに完済出来たので、任意整理を行って良かったと考えています。借入を行なう際に、金利が高い会社から借りてしまっていたことを反省しました。

毎月の返済額がそのまま元金となったので完済が見えました。

債務整理を弁護士に依頼すると、任意整理だけでなく過払い金返還請求や個人再生手続きについても可能性を模索してもらえます。実際には個人再生手続きを取ることも可能でしたが、家計状況を見直して検討した結果として元金だけならば完済出来ると確信出来たので、債権者との交渉が上手く行かなければ給与所得者等再生を行なうつもりでいると弁護士から債権者へ伝えてもらいました。結果として任意整理により完済出来たので、今後も返済時と同じペースで貯蓄を継続して行きたいと考えています。法律にある程度詳しくならないと、借金を背負うことになることを思い知りましたが、債務整理により救われたと実感しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

ライフカードの債務整理体験談

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額190万円

妻に内緒のもうひとつの家庭

借入額400万円

いざとなったら死ぬよりましです/41歳飲食店店員

借入額全部合わせて270万円

品物をたくさん失いました。

借入額80万円

完済に向けた手助けと、お金の使い方を見直すアドバイスが心強かったです

借入額180万円

個人再生で1000万円の借金が300万円に減額

借入額7社から約1000万円