ギャンブル依存症になり、消費者金融に借金をするようになっていきました。

2019.03.13 更新

OL

借入先業者名
借入額
600万円
借入期間
6年3ヶ月
毎月の返済額
8万円

ギャンブルから抜け出せなくなり、借金をしました。

私はもともとギャンブルをすることに抵抗がありました。しかし、たまたまパチンコを打つ機会があり、乗り気ではなかったもののやってみることにしたのです。自分でも驚いたのですが、今までに感じたことのない興奮を覚えました。それからは、たびたびパチンコ屋に足を運び、遊んでいたのです。パチンコを始めたころは、小遣いの範囲内でお金を使うようにしていました。それだけでは物足りなさを感じるようになり、消費者金融でお金を借りて、パチンコをするようになっていったのです。このときはまだ、まさかギャンブル依存症になるとは思ってもいませんでした。

モビット、アイフルから各200万円。アコム、プロミスから各100万円。

お金を借り始めた当初は、返済出来る範囲内でお金を借りるようにしていました。しかし、パチンコにつぎ込むお金の額が大きくなればなるほど、借金返済に回すためのお金はなくなります。それどころか、パチンコに使うためのお金を新たに借りるまでになっていきました。初めは借金を返そうという気持ちはありましたが、借金をする回数が増えれば増えるほど、その気持ちも薄れていったのです。そして気がつけば私は、ギャンブル依存症になっていました。借金の催促状が届いても無視をして、パチンコ屋に足を運ぶ生活を続けていたのです。

ギャンブル依存症になっていることに気づかされました。

私は、しばらくパチンコ屋に足を運ぶ生活を続けていました。家に届く借金の催促状を無視し続けた結果、とうとう借金の催促の電話が会社にかかってきたのです。私を心配した同僚に諭され、ようやく自分がギャンブル依存症になっていることに気がつきました。気がついたときには、多額の借金が手元にありました。私は悩んだ末、自己破産をすることにしたのです。それと同時に、ギャンブル依存症から抜け出そうと心に決めました。自己破産をしたことで、借金は帳消しになりました。しかし、今までのような生活を送っていては、借金をすることが出来るようになってから、また同じことを繰り返すと思ったのです。

自分と向き合うキッカケを与えてくれました。

自己破産をしたことで得られたメリットは、やはり借金がなくなるということです。しかし、借金がなくなったからそれで終了、というわけではないと感じました。私の場合は、ギャンブル依存症が原因で借金をしました。借金をした原因を解決しなくては、同じことを繰り返してしまいます。債務整理をしたことで、ギャンブル依存症になった自分自身と向き合うキッカケを与えてくれました。初めは、自分がギャンブルにハマってしまったり、借金をしてしまうなどとは思ってもいませんでした。なのでこれからは、自分と向き合いながら生活をしていきたいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

任意整理では将来利息以外もカットできる

目次任意整理をすると利息が免除される仕組み任意整理ではいく…

モビットの債務整理体験談

浪費癖が招く当然の結果

借入額300万円

生活レベルを維持するために借金をして借金地獄に陥りました。

借入額280万円

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額180万円

予想外にかかる癌治療費

借入額210万円

先を見通した援助で救われた!

借入額450万円

ギャンブルで大負けして借金をしました。

借入額245万円