ギャンブルにドハマりし借金を抱え、最後は任意整理をした私の体験談

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
260万円
借入期間
2年9ヶ月
毎月の返済額
8万円

ギャンブルをする為に軽い気持ちで借金をしたら、いつの間にか借金地獄に陥っていた。

当時、毎日の生活費だけで一杯一杯な程度の収入しかありませんでしたが、友人に誘われてある日パチンコに行ってみたらその楽しさと勝った時の何とも言えない優越感に魅了され、それからどんどんハマっていってしまいました。ギャンブルは勝つ時もあれば当然負ける時もあります。むしろ負ける時の方が多いくらいです。私にはパチンコについての特別な技術などもありませんでしたから、すぐにお金が無くなりました。そんな時、インターネットをしていて偶然目に入ったのが消費者金融のサイトでした。私はギャンブルで無くなった生活費を手に入れる為、借金をしてしまったのです。

プロミス、アイフル、アコムなどから各50万円。セゾンカードに10万円の借金。月8万円の返済。

滞納をしてしまったら実家の両親や周りの人に自分が借金をしているとバレてしまうのではないかと思い、意地でも毎月返済し続けました。しかしどんどん生活は苦しくなっていき、食事だけでなく睡眠さえままならない日々。体を壊すことが多くなり、そうなると仕事を休まざるを得なくなるため収入が減り、その為にまた新しい仕事を増やしハードになっていくという悪循環でした。電気やガスも止められ、真っ暗な部屋の中でひたすらその月の借金返済についてを考える日々もありました。精神的に追い詰められていき、とうとう職場で倒れ意識を失い病院に搬送されました。

任意整理をしたことで月々の返済額が一気に減り、弁護士に相談して一人じゃないという安心感を得られた。

私の場合は、倒れて病院に搬送された際に付き添ってくれた職場の先輩が「知り合いに弁護士が居るから、一度相談してみたらどうだ?」と声をかけてくれたことで弁護士に相談するという方法に至り、話し合いの末に任意整理をして毎月の返済額が8万円から一気に半分の金額である4万円になりました。手続きに関しては私を担当してくださった弁護士さんが丁寧に分かりやすく進めてくださいましたから心配や不安などは一切なく、逆に誰かに借金のことを相談出来たことと解決策があると分かったことでとても安心しました。

苦しかった生活が一変して普通に戻りました。体調も良くなり、毎日生きるのが楽しく感じられました。

稼いだお金と毎月使わなければいけないお金・生活するために必要なお金などを冷静に区別して、その中できちんと生活しなければいけないと学ぶことが出来ました。周囲に借金のことや任意整理したことなどがバレるのでは?と心配していましたが、誰にも知られることなく元の生活を取り戻すことが出来たのが良かったです。借金をする際はきちんと先のことまで見通したうえで慎重に計画を立ててからすべきであるということも学びましたし、ギャンブルにハマり過ぎてはいけないということも自分自身に強く刻むことが出来ました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

債務整理後はローンやキャッシングなど借り入れできない!どうして…

目次債務整理後でもお金を借りたい!審査はいつ通る?原則5年間…

レイクの債務整理体験談

秘密に借金を処理したいなら過払い金請求

借入額150万円

ダラダラと支払い続けていた借金を完済できた

借入額180万円

内緒の投資が借金の原因に

借入額200万円

借金に追われていた友人の連帯保証人でいたが、逃げられてしまい、請求が私に来て借金を肩代わりすることになりました

借入額288万円

管財人がつきました。

借入額160万円

恋人と同棲をはじめ、生活苦になりクレジットカードや消費者金融から約150万円借り入れを行いました。

借入額150万円