250万の借金を背負った私が任務整理を選択するに至った話

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
4年6ヶ月
毎月の返済額
4万5千円

就職記念にクレジットカードを作ったことがきっかけで浪費癖が復活し借金苦に。

二流私大卒の私も何とか就職することが出来たので、社会人になった記念にクレジットカードを作ることにしました。早めにクレジットカードヒストリーを作っておくことが大事だという話を聞いたことも、作った理由のひとつだったとは思います。ですが、それが間違いのもとでした。私は元々浪費癖があり、大学時代に当時の私では返済が難しい額のお金を友人達から借りてしまい、親に頭を下げて返済して貰った過去があります。当時は大いに反省していたのですが、クレジットカード所有をきっかけに悪い癖がぶり返してしまい、どんどん金銭感覚が麻痺してしまいました。新卒の少ない給料では足りないほどの浪費を重ねてしまい、気づけば多重債務者に陥っていました。

楽天カードとセゾンカードから各50万円、アイフルとプロミスとレイクから50万円。毎月4万円の返済。

社会人になった記念に作ったクレジットカードの枠がすぐに一杯になってしまった私は、すぐにまたクレジットカードを作り、それが一杯になると3社の消費者金融にも手を出し、気づけば合計250万円の借金を背負ってしまいました。生活レベルを落とすという考えが無かった私は、金利だけを何年も支払い続けていたのですが、幾ら返済しても終わりが見えない状況では仕事にも身が入らず、大きなミスをしてしまい会社をクビになってしまいました。その後はフリーターとして働くようになったのですが気づけば金利の返済すら難しくなり、半年も滞納する自体に陥った次第です。

任意整理をすることで私でも完済できました。法律事務所の雰囲気は怖かったですが、頼もしさも感じました。

実家とは絶縁状態になり借金の取り立てにも困り果てていた私は、逃避先のネットカフェのパソコンから債務整理の無料相談を受け付けている弁護士事務所のサイトを探し相談することにしました。法律事務所に足を踏み入れることは初めてだったので、独特の雰囲気が少し怖かったのですが、相談に乗ってくれた弁護士さんは意外と優しく頼もしかったことを良く覚えています。相談の結果、負債と現在の収入の兼合いから、任意整理がベストだという結論になりました。契約を終えてから、弁護士さんが債権者達と話を付けてくれるまでに掛かった期間は約1ヶ月。最終的に負債の約1/3が免除され、毎月2万9千円を5年かけて返済することで話がまとまりました。

負債が毎月減っていく生活は大変楽しくて、人生に再び前向きになれてフリーターからも脱出できました。

弁護士事務所に任意整理をお願いして一番良かったと思ったのは、弁護士さんと債権者の間で話がまとまる前から取り立てがおさまったことです。契約直後から取り立て出来ないことが法律で定められているのですが、それを知らなかった私はとても感激しました。執拗な取り立てが無くなってから、見違えるように働く気持ちが蘇ったので、当時は相当精神的に参っていたんだと思います。おかげで任意整理の具体的な内容が決まる頃には、かなり生活を立て直すことが出来ました。あと、弁護士さんが何時でも相談に乗ってくれるという安心感を得られたことも大きいですね。任意整理の返済中に困ったことがあったら何時でも電話するようにという弁護士さんの言葉は、当時の私にとっては涙が出るほど嬉しかったものです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

楽天カードの債務整理体験談

見栄を張った生活のためにキャッシングリボで借金地獄に陥りました

借入額175万円

バンドの追っかけで借金をしてしまいました

借入額130万円

夫への密かな憂さ晴らし

借入額230万円

ペットを引き取りお金がかかり借金をつくりました

借入額120万円

パチンコにハマってしまい借金生活に

借入額110万円

甘かった自分の判断に反省/32歳フリーランス

借入額240万円