喜びをゲットすることができました

2019.03.30 更新

無職

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
4年6ヶ月
毎月の返済額
12万円

営業成績を上げるために借金生活に。

ケーキ店の雇われ店長をしているときに、厳しい売上ノルマを達成させることが目標になっていました。私の店舗では、立地も悪いせいか、常に客足が伸びない状況が続いていました。本部からのチェックのたびに怒られる状況が続いていました。私は、困り果ててしまい、最終的には、自分でケーキを購入して売上に貢献するという事態に陥ってしまいました。給料だけでは足りないため、消費者金融業者やクレジット会社からの借入に頼ることになりました。見せかけの数字は達成することができたものの、借金生活に陥りました。

アコムとレイクから各50万円、ニコスとアプラスから各100万円ずつ借金。月々12万円の返済。

借入金が200万円を超えてくる頃からは、まともに返済ができなくなり、借りては返すという自転車操業状態になってしまいました。どの債権者からも、限度額ギリギリまで使っていましたので、すぐに限界がきてしまいました。消費者金融業者やクレジット会社の回収の担当者の方には、自分から積極的に相談の電話を入れていましたので、最初のうちは、寛容に対応してくれていました。しかしながら、露骨に送れるようになってからは、少しキツメの対応をする人に担当者の方が代わりました。遅れがひどくなったからだと確信しました。

借金の悩みが一気に解決しました。

自分としては、不本意ながらも自己破産の選択をするしかありませんでした。会社の方にも督促の電話がかかってくるようになり、周囲にも取り立ての電話だということがわかってしまうようになりました。次第に会社でも嫌な空気が蔓延するようになっていきました。私は、上司に呼び出され注意を受けることもしばしば起こるようになり、結果的には退職しました。そのような経緯もすべて、弁護士に相談した結果、自己破産をすることになりました。弁護士には、自らの店舗の商品を購入したことによって、借金生活に陥ったことも説明しました。

何よりも精神的に楽になりました。

弁護士のもとに駆け込んだときには、自分自身を見失っているかのような状況まで追い込まれていました。弁護士には時間をかけてカウンセリングをしてもらい、現状をありのままに話すことで、事態の打開に向けての道が開けるようになりました。合計額が、およそ300万といった時には、弁護士も若干驚いている様子でしたが、その後もしっかりと私の実情について聞いてくれていました。自らの店舗の商品を購入させるという行為を黙認している会社の実態についても話すことで、何だかスッキリした気分になりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

ビューカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ビューカードの特徴ビューカードの借金を債務整理するとき…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

彼氏がお金に困っているというので助けるために借金。気付いた時には自分が借金地獄にはまっていました。

借入額200万円

緊急の借金で助かったものの法外な金利だったと後で知りました

借入額180万円

決断をした自己破産の道

借入額90万円

車を手放せずに債務整理が遅れました

借入額400万円

任意整理は相手のペースに巻き込まれない弁護士に依頼する

借入額200万円

借金問題には、一度専門家の先生に相談するのが良いです。

借入額324万円