損切りが出来ない人は投資を行なうべきではない

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
4年9ヶ月
毎月の返済額
7万円

給料が上がらず残業もカットされたのでFX投資に踏み出すも失敗して借金。

会社の経費節減が進んで、以前は必要に応じて残業を行なえましたが、残業すらカットされて基本給のみの状態が続きました。定期昇給のみが行われていましたが、ボーナスもカットされていたので投資で資金を増やすしかないと考えて下調べをした上でFXを始めることにしました。売買を自動化するツールが開発されていたので、勤務時間中にも自動売買が出来るという話に利便性を感じていました。取引方法は学んでいたものの、損切りに対するドライな対応については身についていない状態でFXを始めてしまったので、損失が出た時に深追いしてしまい追証を払うために借金をすることになってしまったのです。

アイフル、アコム、モビットから各60万円の借金。月々7万円の返済。

FXの取引では為替相場が開いている時間は仕事中のために、自動化ツールが役立っていましたが損失が出た時にすぐに勤務時間中は停止出来ないので、損失が拡大する原因となりました。売買の範囲を指定出来たものの、今度は利益が少なくなるので勿体なく感じて、損失時の追証を支払うために消費者金融から借入して穴埋めをする生活を続けてしまったのです。損切りの基本的な考え方とルール決めをしていなかったので、借金額はみるみるうちに膨れ上がって生活を圧迫していました。残業カットされている状態では収入アップは見込めず、生活だけが苦しくなるだけでした。

任意整理により将来利息をカット出来たので完済に繋がりました。

収入は安定していたものの、返済を行っても一向に減らない元金にいつまで続くのか分からない借金生活から抜け出したいと考えて、司法書士へ依頼して債務整理をすることにしました。債務調査を行ってみないと分からない状況だったので、依頼してから全取引履歴を取り寄せるまで時間が掛かりました。金利引き直し計算を行ってもらうと、アイフルとアコムの金利が24%だったので金利引き直し計算を行なうと借金を減額可能と分かったのです。最終的に、借金総額が130万円まで減額出来たので、毎月7万円の支払いを3万7千円を3年間支払うことで和解出来ました。

将来利息をカットして貰えたので確実に返済が出来ました。

任意整理を行って分かったこととして、投資は借金を行ってまでするものでは無いことです。金利は預金の時には少ないと嘆いていますが、返済時に掛かる金利は1%違うだけでも重いものと実感出来たのです。貯蓄の2割程度を運用する際に、FXを利用してレバレッジをあまり高く設定しなければ、負債を抱えることも無かったでしょう。実際に損切りの手法を身に付けてからFXを始めなければ、プロの投資家達に太刀打ちできないことがよく分かりました。当面は貯蓄に励み投資を行なうことは無いでしょうが、金融商品には気を付けて付き合う必要があることだけはよく分かりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理をするなら必ず押さえておくべき手続きの流れ

目次任意整理を依頼した場合の具体的な流れを把握する面談から…

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

モビットの債務整理体験談

一戸建て購入後に思いもかけないリストラ

借入額120万円

ギャンブル依存症になり、消費者金融に借金をするようになっていきました。

借入額600万円

風俗にはまり支払った代償

借入額280万円

仕事中の怪我で働けない時期があり生活費のために借金を開始しました

借入額90万円

故郷へ帰る時見栄を張りたくて、借金をした。それをきっかけに次々とお金を借りてしまい、気がつくと借金の額は大きくなっていた。

借入額250万円

子供の医療費を確保するために借金するしかありませんでした

借入額280万円