身内の借金は肩代わりよりも債務整理を勧めたい

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
4年5ヶ月
毎月の返済額
7万円

母がパチンコで作った借金を肩代わりして助けたものの自分が借金で苦しむことに。

母が内緒でパチンコをして作った借金返済に困り、仕方なく相談してきました。借金総額は300万円だったので、手持ちの現金60万円と消費者金融から借りた240万円を渡して完済させました。しかし、1年ほど返済を続けた後に会社の業績が悪くなり、残業カットとボーナス凍結が発表されて目の前が真っ暗になりました。今までは貯蓄をしてきたペースに合わせて返済にお金を充てていたものの、今度は自分が苦しくなってきたことに気が付いたのです。収入と支出を見直すことから始めないといけないと感じていました。

アイフルとレイクから各80万円、シンキから40万円の借金。月々7万円の返済。

家計の収支バランスを調整すれば、何とか返済出来るだろうと考えていましたが、実際には今のペースで支払っていても元金返済は進まないことが明らかになりました。再度、母からパチンコで借金を作ったと相談が来たので、縁を切り債務整理するよう伝えました。基本給のカットが来たら、完全に破産状態となることが分かったので、警戒して会社に副業許可申請を出したものの即座に却下されました。同僚の間でも副業許可申請が続き、副業許可した人から他社へ転職が相次いだことにより、会社側も引き締めを行ったからでしょう。依然として生活が苦しい状態が続いていたのです。

任意整理により借金を圧縮し、完済に繋げました。

返済を続けても元金が減らずに困って、司法書士へ相談すると任意整理で借金を圧縮して将来利息もカットしてもらう方法を提案されました。債務調査を実施してもらい、金利引き直し計算を行なうと借金総額は200万円から140万円に減額されることが分かったのです。将来利息のカット交渉が難航したものの、毎月7万円の返済が3万9千円を36回払いで完済出来ることになりました。今まで先が見えない状態で生活していましたが、何とか先が見えたことで返済に向けて進む決意が出来ました。頑張って3年間で完済に漕ぎ着けました。

任意整理により借金を完済出来たことで自信が付きました。

家計の収支を見直しても借金返済が上手く出来ない場合には、債務整理の相談を専門家に行なうと良いと実感しました。任意整理を行なうことにしたのは、元金はしっかりと返済しようと決めていたからです。高い金利さえ何とかなれば、まだ返せない金額では無いと考えていました。債務整理を行ってみて、借金が返せなくなってしまう最大の原因は将来を見越して借入を行っていなかったことにあると考えています。返済プランを立ててから、借入を行なうという基本的なことが出来ていなかったことに原因があると思うわけです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

レイクの債務整理体験談

親の医療費を工面して多重債務になりました

借入額250万円

浪費癖が招く当然の結果

借入額300万円

お金がもらえると思いませんでした。

借入額160万円

債務整理をしたら借金がなくなりました

借入額120万円

面倒な手続きをすべてお願いできる過払い金請求

借入額500万円

借金問題で悩んでいるなら、絶対に債務整理すべき

借入額200万円