計画的な返済を意識するようになりました。

2019.03.13 更新

30代OL

月収
借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
4年5か月
毎月の返済額
7万円

飲食や買物などの浪費で借金をしました。

資格持ちなので収入は同年代に比べるとよい方だと思いますが、今まではお金の管理が無計画で、入ってくるとあるだけ使うばかりでした。おかげで30代になってからも貯金は全く持っておらず、それどころか高級レストランでの飲食や服、趣味の楽器の購入など、浪費といえる使い方ばかりを繰り返していました。いくら収入があってもそのような無茶な使い方で払いきれるわけがなく、カードの請求が来るたびにサラ金で借りては返済を繰り返していました。その結果、借入額は膨大になり、今ではとても返せない状態です。

三菱UFJニコス、プロミス、アイフル、アコムから計200万円借りて、毎月7万円返済しています。

三菱UFJニコス、プロミス、アイフル、アコムから大体50万円ずつ借金をしていたのが、毎月の支払いが苦しくなってから数か月滞納中です。当然、サラ金からの催促の電話が頻繁にかかってきて、職場には連絡がないものの、気が散って仕事に打ち込めません。おかげで業務上大きなミスをして怒られることも増え、仕事が楽しくなくなりました。また、返済のために遊びに行くこともできなくなり、友人とも疎遠になりつつあります。このままではらちが明かないと思い、同級生が勤めている法律事務所に相談に行きました。

任意整理で毎月の返済が楽になりました。

弁護士に依頼して任意整理をしてもらったところ、毎月の返済は7万円から4万円にまで減りました。借入額の減額にはなりませんでしたが、今後は利息も付かないという事ですのでかなり負担が軽くなっています。弁護士への報酬は、毎月1万円ずつの分割ですので、しばらくはそれほど贅沢もできませんが、ゴールが見えたことで気持ちも楽になりました。今後借金は一切できなくなるという事で、これからは無駄遣いをせず、余裕のあるお金は貯めておいて、車や家電の買い替えの時などに現金払いで使いたいと思います。

生まれて初めて家計簿をつけました。

今まで自分のお金の収支管理などしたことがありませんでしたが、今回、債務整理の準備段階で弁護士に言われ、生まれて初めて家計簿をつけました。おかげで、自分の無駄遣いのひどさも理解できましたし、どこを修正すればよいのかも漠然とイメージできるなど、生活の立て直しに大いに役立っています。借金をしたのは高い勉強良でしたが、利息がずいぶん高額なことも分かり、これからは借金を絶対にしないと心に決めました。弁護士のおかげで生活のやりくりや借金について考え直す、よいきっかけになったと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

彼氏にお金を貸したのがきっかけで多重債務者に

借入額145万円

クレジットカードにハサミを入れたことを思い出しました

借入額180万円

高い利用限度額は貯金と勘違いしやすい

借入額210万円

車を手放せずに債務整理が遅れました

借入額400万円

借金を行なう際には冷静な判断力が必要でした

借入額270万円

手元のお金が減らないと借金している感覚にならない間違い

借入額270万円