断り方を学ぶセミナーに参加して防御力を上げる

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
4年3ヶ月
毎月の返済額
7万円

頼まれると断れない性格が災いして訪問販売員に狙われて借金。

学生時代から頼まれると嫌と言えない性格があり、気がつくと委員や役員を引き受けてしまうことがありました。会社員となって独り暮らしを始めても、暫くは残業が多くて家にいることが少なかったので問題はありませんでした。しかし、訪問販売員に応対してしまったことで、商品を買わされてしまったのです。最初は羽毛布団に始まり、何故か定期的に訪問販売員が訪れるようになって、気がつくとショッピングローンを160万円分も組まされていることに気が付きました。消費生活アドバイザーに相談すと、断り方を学ぶように勧められる事態でした。

オリコとジャックスから各60万円、セディナから40万円のショッピングローン。月々7万円の返済。

固定給で生活していたので、毎月の返済額が増えるごとに生活は苦しくなりました。消費生活アドバイザーに相談することで、断り方セミナーを受講することが出来るようになりましたが、玄関ドアやポスト回りにマーキングされていないか確認するように言われたのです。すると、金色シールや◯など複数の印が表札やポストに有りました。すぐに消して転居先を見つけて引っ越ししましたが、以後訪問販売員が定期的に訪れることは無くなったのです。それでも、毎月の支払額が大きかったので、何とか早く返済が終わらないかと考えていました。

任意整理で商品は全て返却し、残債を完済出来ました。

任意整理を行なう際に、弁護士に相談を行いました。なぜなら、購入した商品のほとんどは未使用だったので、不用品を買わされたと考えられたからです。信販会社との交渉になりましたが、弁護士に依頼して半年ほど経過すると、全ての商品を信販会社に引き上げてもらい残った債務60万円を3年間で支払えば良いことになりました。毎月7万円の返済が1万7千円にまで圧縮されたので、良かったと考えています。自らの性格が招いたこととはいえ、不用品を購入したことで未使用状態だったことが任意整理の際に現物引取により借金を圧縮出来たと考えています。

任意整理をキッカケとして、ハッキリとNOと言えるよう断り方を身に付けることが出来ました。

今までは断りきれない性格で損をしてきましたが、複数の断り方を学ぶセミナーに参加して実践することで、ハッキリとNOと言えるようになりました。任意整理を行なうことが契機となり、一歩進んで交渉に強くなる方法を学んで仕事でも生かして行きたいと考えています。訪問販売員に騙された自分自身も悪いですが、身を守る手段と方法を身に付ける努力をしていなかったことも確かです。基本的な性格までは変えられなくても、身を守る手段はあると分かったので、毎日の生活で自信を持てるようになったことが大きいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

リボ払いを債務整理するメリットとクレジットカード返済のコツ

目次リボ払いを債務整理するときのメリット任意整理するとクレ…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

セディナの債務整理体験談

車を手放せずに債務整理が遅れました

借入額400万円

最期まで払っていけそうです。

借入額100万円

精神的に楽になりました

借入額290万

ズボラな会社経営の結果

借入額500万円

初めて自己破産をしました。

借入額120万円

単身赴任で転勤し、接待や付き合いのほか遊興費が増えたことで毎月の生活費が不足し、カードローンなどで借金をしました。

借入額約1200万円