簡単な気持ちでキャッシング、最後には自己破産に至りました

2019.03.13 更新

OL

借入先業者名
借入額
280万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
10万円

父の会社を助けるために借金をしたら、自分が借金地獄に。

父が営んでいた会社が経営困難になったと実家の母から連絡があったことが、私が借金に手を出す切っ掛けでした。当時私は簡単な気持ちで、「父を助けることが出来るならば。家族がこれで安心して暮らせるならば」と消費者金融数社とクレジットカードのキャッシングで280万円程の金額を借りました。両親の反対を押し切り都会に出て仕事をしていた負い目があったため、少しでも役に立ちたいという気持ちが、私のそういった行動に繋がったのだと思います。私の毎月のお給料は多い時でも20万円ちょっとでしたからそこから仕送りをするわけにもいかず、また母からも多くの金額を提示されていたので、借金しかないという考えに至ったのです。

JCBなどカード会社から30~100万、消費者金融2社から各50万の借金。月10万円の返済。

滞納1ヶ月目は電話で謝るだけで何とか許してもらえました。しかし3ヶ月目ともなると、消費者金融から強面の男性が私の家まで来てドンドンと玄関の扉をたたきながら返済を迫られたのです。その頃の私は家にキャッシングの返済に必死で毎日1食分しか食事もとれず、電気代やガス代などの公共料金もきちんと納められない状態でした。毎日の取り立てに加え、それでも払えないという状況から精神的にも追い込まれ、毎日生きることが苦しくて泣いていました。深夜に別の仕事を入れても、借金の返済で給料は全て消えてしまい、生活が出来なくなっていきました。

自己破産で取り立ての原因だった借金が帳消しに!相談してとにかく安心することが出来ました。

ギリギリの生活を送っていた私が友人に勧められて弁護士事務所に行き、そこで選んだ道は自己破産で、そうしたことで悩みの種だった借金は帳消しとなりました。担当の弁護士さんからは「自己破産は決して正しい道ではありません。きちんと反省し、人生をやり直すための最終手段です」と強く言われ、今後クレジットカードが作れない事や一定金額以上の財産については没収されることを説明されました。私には財産と呼べるものがありませんでしたから、あまり面倒な手続きはありませんでした。自己破産してから、借金の取り立ては無くなりました。

生きるのが辛く自殺寸前でしたが、生きる希望が湧いてきて頑張ろうと思えました。

自己破産したことで私は、簡単な気持ちで借金をしてはいけないという当然のことを学びました。当然のことですが、その出来事を通してお金に対する見方も変わりました。私はどこかお金さえあれば何だって出来る、お金さえ渡せば両親からももう小言を言われずに済むと勘違いしていたのです。そうではなく、きちんと一つ一つの出来事に向き合い解決していかなければいけないと知りました。自己破産のおかげで無理にお金を使って見栄を張るようなことも無くなり、今では安心して毎日静かに暮らすことが出来ています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

武富士の債務整理体験談

アイフルからの借金がすべてなくなりました

借入額130万円

引っ越し費用のために借りました。

借入額100万円

結婚してからも夫に隠れて借り続けた借金250万円が原因で任意整理をすることに

借入額250万円

精神的に楽になりました

借入額290万

250万円の借金を任意整理で60万円にまで減らせました

借入額250万円

大好きな彼の為にと借金したら、最後には自己破産が待っていた

借入額360万円