費用がかからず助かりました。

2019.03.13 更新

自営業

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
10年超
毎月の返済額
6万円

事業が不調だった時に、生活費として借りました。

個人事業をしていますが、一時期体調を崩して休業をしており、その間の収入が一切なかったため、サラ金から生活費を借りたことがありました。その後、何とか体調も戻って仕事に復帰し、生活できる状況まで戻ってきたものの、その時の借り入れに利息が付いて、返しても返しても借金が減らないような状況です。また、業者から追加借り入れの案内も多く、言われたときに借金をしていたところ、借入額がさらに膨らんで、事業が好調になった今でもとても返せないくらいの金額になりました。不安を覚え、相談に行った次第です。

武富士、アプラス、プロミスから計150万円の借金があり、毎月6万円返しています。

武富士、アプラス、プロミスから各50万円くらい借金をしており、返し続けても一向に減った気配がありません。個人事業は波があり、余裕があるときには返済もできますが、売上が少ない月もあるため、毎月固定で6万円も出ていくのは正直負担が大きいです。このことがあり、子供は私立への進学をあきらめて効率にしましたし、妻もパートに出るなど、家族につらい思いもさせているところです。時折業者からの連絡もかかってきて、借金のことばかりを考える毎日が嫌になり、精神科に通院したこともありました。

特定調停で借金の減額、しかも費用は一社1000円程度でした。

最初は弁護士のところに相談をしましたが、個人事業をしている場合、管財人がついて数十万円以上の予納が必要になるため、自己破産は止めたほうが良いと言われました。個人再生は50万円ほど減額できる可能性があるものの、弁護士への報酬を考えるとあまり変わらないのでこれも避けたほうが良いという事です。借入期間が長いので、特定調停をすれば費用も安く、減額できるかもしれないと言われ、自分で裁判所に何度も言って申立てをしました。結局、4社4000円足らずの実費で、引き直しの結果80万円まで減った借金を毎月一社5000円ずつ返せばよくなりました。

家族への負担も減り、事業に専念できます。

親切な弁護士に当たったおかげで、費用負担もほとんどなく、好条件の和解ができました。おかげで家族も負担が軽くなり、みんな表情が明るくなっています。子供は大学は好きなところを目指すと言っていますし、妻もパートは続けるものの、体に負担がかからない程度に切り替えました。私自身も借金の不安が解消されたことにより、事業に専念できて売り上げが順調に維持できています。毎月の支払いもかなり楽になりましたので、今後は借金をしなくてもよいように、いざというときのための貯金をしていこうと家族で話し合っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

武富士の債務整理体験談

当時の収入は20万円でしたが180万円借りていました

借入額180万円

離婚が借金の始まり、最後には任意整理をしました

借入額240万円

払えないと思っていたのにお金がもらえました。

借入額160万円

結婚してからも夫に隠れて借り続けた借金250万円が原因で任意整理をすることに

借入額250万円

任意整理の結果、400万を越える借金が帳消しになり、60万の過払い金を手に出来ました。

借入額410万円

過払い金が手に入りました。

借入額130万円