浪費でも減額できました。

2019.03.26 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
4年9か月
毎月の返済額
7万円

食べ歩きが高じて借金までするようになりました。

元々食べる事が好きで、社会人になってからは給料の大半を食事代に使っていました。高級店で毎日のように食事をするのが自分にとってのステータスと考えており、ブログでいろいろな飲食店を紹介するという名目で、借金までして美食にありついていた結果、借入額が膨らみすぎて、気が付いたら全く返せない状況になっていました。今では自宅でわびしい食事をしていますが、借金の額が大きすぎて、どれだけ節約しても滞納してしまう月があります。業者からの連絡も頻繁にかかってきて、怖くなったので弁護士に相談に行きました。

バンクイック、アプラス、CFJから200万円借金し、毎月7万円返済しました。

バンクイック、アプラス、CFJから合計で120万円くらい借りていましたが、最初の頃に返さずに放置していたので今では200万円にまで膨らんでいます。電話での督促もしょっちゅうですし、職場にはかからないものの、携帯がしょっちゅう鳴るので同僚からも白い目で見られています。飲食店に行かなくなったことでブログの更新も止まり、閲覧者からは心配の声も出ていますが、やる気が出なくなってチェックも怠っていました。自宅に住んでいますが親兄弟からも呆れた目で見られており、肩身が狭いです。

個人再生で減額でき、助かりました。

個人再生をした結果、毎月の返済額は7万円から2万円弱に減りました。今後は利息もつきませんので、5年間かけて完済してけそうです。借金総額も100万円まで圧縮できていますので、以前に比べてかなりゴールが近くなりました。弁護士への費用は、一括では無理なので申立書を作成してもらう間に借金を払わず、10万円ほど支払い、残りは分割という事で話がついています。弁護士への支払いが終わるまでは月3万円、それが終わってからは月2万円の負担ですので、いずれにしても以前に比べると生活が楽になります。

計画的な使い方を意識できるようになりました。

借金の理由を話したとき、弁護士からは自分のお金と人のお金の区別をするようにと説教されました。確かに、今までは借金と収入の境界が曖昧で、気が付いたら利息が膨らんでいたという認識です。そこで、債務整理の傍ら弁護士に紹介されたフィナンシャルプランナーのところにも相談に行き、自分の家計のやりくりについて指導してもらいました。今では、返済や生活費を別に取り分けて、残ったお金の半分は貯蓄、半分は外食用のストックにしていますので、収支がきちんと理解できています。債務整理だけでなく、このようなアドバイスももらえて良かったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

バンクイックの債務整理体験談

入院費用を捻出するために借金生活へ

借入額290万円

気付いたら多重債務者になっていました

借入額200万円

費用をかけずに交渉できました。

借入額60万円

友達の保証人になって借金地獄に!驚くべき返済方法とは?

借入額580万円

生活水準が違う友人に合わせた結果

借入額130万円

個人再生と自己破産のどちらにするかは弁護士により見解が異なります

借入額280万円