離婚を切り出した方が慰謝料を支払う

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
4年3ヶ月
毎月の返済額
8万円

協議離婚の条件として慰謝料名目の支払いが必要となり借金。

結婚前には分からなかったこととして、専業主婦となった妻が家事をしないことに悩まされていました。仕事から帰宅してから、夕食の準備を行うことになり、独身時代と変わらない生活で単に何もしない同居人がいる状態となってしまったのです。最初はそのうちやってくれると考えていましたが、変化は無く仕事をする気も無いので子供が出来る前に離婚を決意しました。すると、妻の実家が立てた弁護士から協議離婚の条件として財産分与を請求しない代わりに、当面の生活費として400万円支払うことが条件として提示されたわけです。

アイフル、レイク、シンキから各80万円の借金。月々8万円の返済。

離婚成立が最優先だったので、手持ちの預金から160万円と消費者金融から240万円借金をして協議離婚を成立させました。独身に戻ったことで、予想外のこととして扶養手当がなくなり配偶者特別控除も無くなったので、実質的に手取りが1万円減ってしまいました。生活を切り詰めて何とか返済に充てていましたが、支払額に対して元金が減らない事実に愕然としました。このまま払い続けても再婚には程遠く、今ある借金を何とかしなければと感じたので、債務整理を行って完済を優先させることにしたわけです。

任意整理により圧縮された借金を何とか完済出来ました。

当時は借金の金利が24%と高かったので、4年返済を続けている間に本来の支払額よりも多く払っていることが、債務整理のため相談に訪れた弁護士から言われました。債務調査を依頼して、全取引履歴を確認すると、金利引き直し計算した結果として残債は150万円にまで減っていたのです。将来金利をゼロにしてもらう交渉を弁護士に依頼すると、6ヶ月かかりましたが何とか和解出来ました。毎月の返済額が8万円から4万2千円にまで減額出来たことは、生活が大分楽になったことを考えると大きかったです。心が折れそうになっていたので、3年園でキッチリ返済出来たことは大きかったので、助かったと実感しました。

新生活を始めるために、過去を一気に清算出来て良かったです。

任意整理により圧縮出来た債務額が大きかったので、毎月の返済額も半分近くに下がりつつ3年間で完済出来たことは良かったです。結婚を焦りすぎた結果として作ってしまった借金と今では反省しています。3年間と期限を区切って返済に集中出来る環境を整えることが出来たのは、任意整理を行った結果だと考えています。実際に完済してみると、目的を持って取り組めば何とかなると実感しました。勉強代としては高く付きましたが、任意整理手続きにより過去の精算を手助けしてもらえたと思っています。新しい人生をスタートするためにも、早く借金は精算してしまうことが良いでしょう。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

レイクの債務整理体験談

人間関係によるストレスでギャンブルにはまり借金が膨らみました

借入額280万円

借金苦の生活から抜け出せました

借入額190万円

典型的なギャンブル依存症で多重債務者に。

借入額400万円

幸運にも任意整理にたどり着き、借金を完済できました

借入額200万円

入れあげている時には気付かないものです

借入額400万円

任意整理のおかげで借金が約1/4にまで減り、人生をやり直すことができました

借入額300万円