病気が切っ掛けで借金することに、返済に困った私が最終的に行ったのは任意整理でした

2019.03.13 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
280万円
借入期間
2年10ヶ月
毎月の返済額
10万円

病気になり働けなくなったことが切っ掛けでカードの返済が出来ず、消費者金融で借金しました。

社会人になりクレジットカードを手に入れ、それを使って買い物をすることが当たり前になっていた頃、突然前触れもなく精神的な病気になりました。働かなければお給料は貰えないと初めの何日かは頑張って会社に行っていましたが、人に会うと吐き気と全身の震えが起こり、デスクワークにも集中することが出来ず全く仕事にはなりませんでした。上司からは「使えない」と言われ、自主退職をさせられました。初めの内は貯金で何とか生活をしていましたが、それもすぐに底をつきました。しかし、使ったクレジットカードの返済日は毎月必ずやってきます。まだ新しい仕事先も決まっていなかった為、私は仕方なく消費者金融を訪れ、そこで借金をして返済に充てるようになりました。

消費者金融から各50万円の借金、セゾンカードから30万円のキャッシング。月々10万近い額の返済。

精神的な病気が落ち着くとすぐにフルタイムのパートに就いて、毎月必死な思いで借金の返済をしました。しかしフルタイムパートで貰える金額は、どんなに一生懸命働いたって微々たるもの。家賃と借金返済に充てると生活するお金すら残りませんでした。ですから生活をするために更に借金をするしかなく、こっちに返したら次はあっちと、毎月毎月借金の返済のことばかり考え・借金返済のために生きるような生活になりました。そんな借金生活が5年続き、そのストレスから精神的な病気が再発。とうとう自分ではどうすることも出来なくなってしまい、自殺まで考えるようになっていきました。

任意整理で借金の合計金額が減り、精神的にも楽に返せるようになりました。

無料の弁護士相談会に行って相談し、後日弁護士事務所に行って話し合い色々な条件を考慮したうえで「任意整理」を行い、その結果抱えていた借金の合計金額が半分以下になりました。弁護士さんからは借金が半分以下の金額になったことで、病気のことも考え「勇気を出して両親に相談してみること」を勧められました。長い借金生活の疲れも病気の原因なら尚更、これから少しずつまた返済していくのではなく家族に蓄えがあるのならばその力を借りて、また一からやり直すという方法を考えてみるべきだとアドバイスして下さったのです。私はその通りに両親に相談し、一括で借金を返済しました。

精神的にとても楽になり、両親に借金のことや病気のことを打ち明けることが出来た。

自分のお金に対する考え方を見直す良い切っ掛けとなりました。クレジットカードは楽に買い物が出来て便利ですが、先のことを考えて使用しないといけないのだと学ぶことも出来ました。精神的な病気についても冷静に向き合う時間が取れるようになり、症状が改善に向かっています。借金を抱えていた最中は恥ずかしくて誰にも相談できないと思い「一人で何とかしなくちゃ」と焦って自分を追い込んでいましたが、相談することで問題解決が早まるということ・きちんと返済することが何より一番重要なことだと分かりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

レイクの債務整理体験談

返済を助けてくれる道は必ずあります

借入額ほぼ500万円

先輩に誘われたギャンブルに嵌ってしまった為、借金。

借入額300万円

債務整理をすれば、借金は絶対に返せます

借入額240万円

いろいろ初めての体験でした。

借入額100万円

自営業は簡単ではありませんでした

借入額320万円

病気休業は独り暮らしの盲点でした

借入額350万円