管財人がつきました。

2019.03.13 更新

自営業

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
6年1か月
毎月の返済額
6万円

事業不振の時に生活ができなくなり、借金をしました。

個人で小さい事業所を営んでいますが、事業が上手くいかなかったことがあり、生活費としてサラ金から借り入れをしました。あまり借りないようにしていたものの、返済にも困る有様でしたので、あっという間に利息が膨らんで高額な借入残高になったという経緯があります。その後、サラ金業者と交渉して毎月の支払額を減らしてもらたのは良いですが、その分元本がほとんど減らず、いつまで返済すればよいのだろうかと悩んでいました。いまだに収入が不安定なこともあり、債務整理を考えるようになった次第です。

モビット、レイク、プロミス、アコムから各40万円借りて、毎月6万円返します。

モビット、レイク、プロミス、アコムから合計で160万円借りており、一度交渉してからの支払額は6万円から4万円まで減っています。しかし、それでも支払いが大変なのは変わりないですし、収入が不安定で、結婚を約束している女性とも入籍できそうにありません。自分自身も行き場のない焦りでストレスが溜まってきて、このままではいけないと思って弁護士の事務所を調べ始めました。ちょうど彼女の友人で、債務整理をしてもらったという人からおすすめの法律事務所を教えてもらえましたので、そちらに行きました。

自己破産で借金がなくなりました。

自己破産の申し立てを行ったところ、私が個人事業者なので、破産管財人がつくことになりました。これは前もって弁護士に言われており、受任通知を出してもらったときからお金を貯めていたので慌てませんでしたが、50万円ほどかかりました。管財人が私の財産をチェックして、予納金以外に見るべき財産がないという結論になったため、結局管財人報酬を含む予納金として納めた50万円を失うだけで、それ以外の者は何もなくならなかったです。借金は免除され、弁護士への報酬を支払うだけでよくなりました。

長年の悩みが解消し、結婚もできそうです。

今回の自己破産は彼女にも相談しており、それを納得したうえで、免責が出たら結婚することになりました。通常は必要ない管財人報酬の50万円は痛かったですが、弁護士の申立て費用を加えても、借金のうち80万円近くが免除されたので手続きをしてよかったです。申立ての段階で弁護士から婚約者と二人で呼び出され、今後の家計のやりくりについてもいろいろなアドバイスをもらいました。最初は破産に対して不信感を持っていた婚約者も、弁護士の説明で生活再建に役立つ手続という事を理解してくれています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

ライフカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイント

目次ライフカードの特徴ライフカードの借金を債務整理するとき…

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

レイクの債務整理体験談

過払金の返還請求は本当に急がなければならなかった

借入額170万円

浪費していることは自分では全く気付かないことに驚きました

借入額320万円

過払い金返還請求がキッカケで金融会社に詳しくなりました

借入額150万円

浪費癖は自覚しないと直せない

借入額200万円

ゲームにはまってしまい、借金生活になりました。

借入額305万円

お金がもらえると思いませんでした。

借入額160万円