離婚の時に生活費を得るために借金をしました

2019.03.13 更新

OL

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
4年2ヵ月
毎月の返済額
2万円

離婚のために別居した時に生活費で借金をしました

結婚後10年くらいが過ぎて、夫が経営している会社の業績が落ちてくると、家庭内で暴力を振るうようになりました。いわゆるDVで、私だけならともかく、子供にも手を上げるので一緒にいることができなくなりました。何度か改善してくれるように頼みこみましたが聞いてくれず、そこで離婚を申し出ましたが、こちらに関しても納得してくれず、緊急避難として別居することにしました。しかしこの状態で生活費を出してくれるわけがなく、私自身も働いていましたが生活が厳しく、借金をするようになりました。

ビィーカード50万円、セゾンカード50万円、月々の返済2万円

夫のDVから逃れるために別居を遂行しましたが、私の稼ぎだけでは生活が厳しく、手持ちのカードからキャッシングをして足りない分を補てんしていました。利息については十分に分かっていましたが、義両親はもちろん、実家の両親も昔ながらの考えの持ち主で、別居に反対されて生活を助けてくれることはありませんでした。自分に対してはともかく、子供は最低限の生活を送らせてあげたく、そうなると借金に頼るしかありません。必死になって働きましたが足りなく、教育費もかかり毎日暮らすことで精一杯でした。

任意整理で利息がなくなり、借金の総額が減って助かりました

働いても生活が楽にならず、それどころか借金が増えていく中で何とかしなければいけないと思いはじめて、弁護士事務所の無料相談を利用することにしました。対応してくださった弁護士さんはとても丁寧な方で、親身になって話を聞いてくれて助かりました。そこで個人再生と任意整理のどちらかの債務整理を考えたのですが、現状では任意整理が良いと判断されてお任せしました。無事に交渉できて、利息分がなくなり、借金の総額も減りました。月々の返済は変わりませんが、利息がなくなり返済が楽にできるようになりました。

収支を見直して、生活の立て直しができるようになりました

債務整理を行ってもらう一方で、生活再建のために収支の見直しをすることをすすめられました。現状は一時的な回避ですが、離婚すればこの状態が続いていくので、今からしっかりと考えておいた方がいいと言われました。確かに逃げるだけでしたが、離婚の決意は固くなっていて、未来を考える必要があることを知りました。これまで保険にも加入していませんでしたが、もしものためにお金はかかりまずが入って安心感を得て、仕事先を見つけることに力を注ぎました。これまで以上の収入が得られる仕事を見つけて、離婚に向けて動き出せるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

任意整理にかかる費用は?弁護士費用を安く抑える3つの方法

目次任意整理にかかる弁護士費用の相場と内訳「手元に依頼費用…

ビューカードの債務整理体験談

身も心も軽くなる瞬間

借入額350万円から金利などを含んで400万円近くになりました

借金で悩んでいるあなたへ!!

借入額180万円

アイドルに嵌って散財して借金をするようになりました

借入額130万円

入院費用を捻出するために借金生活へ

借入額290万円

競馬がきっかけで借金モードに突入しました。

借入額220万円

アイドルのハワイツアーに行くために借金をしました。

借入額220万円