浮気がバレて離婚から自己破産まで進みました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
2680万円
借入期間
9年1ヶ月
毎月の返済額
14万円

携帯電話の履歴から浮気がバレて離婚。住宅ローンが払えなくなりました。

忘年会の帰りに酔いつぶれて気が付くと翌朝、部下の部屋に泊まっていました。朝帰りがキッカケで浮気がバレてしまい、離婚騒ぎになりました。住宅ローンがまだ半分ほどありましたが、別居と子供の養育費に慰謝料までフルコースで請求があり、離婚裁判が決着するまでの間は二重生活でより苦しい台所事情となってしまいました。自ら招いたこととはいえ、新たに住居を用意しなければならず、生活もままならない状態が続いたのです。どこかで突然歯車が狂ったら、一気に破綻してしまいそうな状態になっていました。

三菱東京UFJ銀行の住宅ローンが2600万円の残債。アイフルから80万円の借金。

離婚調停が不調に終わったことで裁判に発展しました。しかし、実際には家を追い出された状態で、最初は住む場所にも困る状態だったのです。何とかワンルームを見つけて生活を始めたものの、住宅ローンの支払いと家賃に加えて弁護士費用まで重なっていたので、家計は火の車状態でした。離婚成立までは生活費を入れない訳にも行かず、最終的には消費者金融から借入をしてでも意地で生活費を入れていました。しかし、無理な生活が長続きする訳もなく、離婚成立から2年後には完全に家計は破綻している状態でした。養育費は支払っていたものの、子供に年に1度しか会わせて貰えない現実に最早限界を迎えていました。

自己破産により免責決定を受けられたので、債務が全て無くなりました。

離婚成立時には月に1回子供と会える約束でしたが、何かと理由を付けて子供に会わせて貰えずに離婚成立から2年間で会えたのは僅か2回だけでした。3回目に会えた時には、子供との思い出の写真を撮影して涙しました。この時点で債務整理を決意しており、次回はもう無いと理解していたからです。弁護士に依頼して自己破産を行なうことを決意しました。準備に5ヶ月掛けた上で、自己破産申し立てを行い1年後に免責決定を受けました。毎月の返済額が14万円だったものがゼロとなったことで新たな生活を始められるようになったのです。

債務整理を行なうことで、人生をやり直すキッカケを作れました。

1度の過ちですが、浮気は確かに良くないことです。それでも家も財産も全て元配偶者とその弁護士に奪われて住宅ローンの返済を続けたものの、子供に実質的に会わせてもらえない状況には耐えられませんでした。自己破産の道を選ぶことで、借金から開放されました。養育費の支払先銀行口座が使えなくなったものの、連絡が来ていないので以後支払先が無い状態が続いています。子供とは会えない状態になりましたが、人生をリセットして1から生活を立て直して行きたいと考えています。何より自分の心が一度壊れてしまっていたので、自己破産が前を向いて歩き続けることを後押ししてくれたと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

個人再生と任意整理とはどこが違うのか?

目次任意整理とはどんな制度なのか?民事再生とはどんな制度か…

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

【体験談】収入のない主婦でも夫に内緒で任意整理は可能?

目次主婦が多額の借金をして生活が苦しくなった場合、正しい解…

バンクイックの債務整理体験談

簡単に保証人にはならない方がいい!友人を信頼して招いた借金地獄

借入額300万円

投資に失敗して生活費が不足する事態に

借入額340万円

6年ぐらい前に債務整理で借金を解決しました。

借入額130万円

書類作成が大変でした。

借入額200万円

新たな借金をせずに済みました。

借入額200万円

破産で一からやり直します。

借入額120万円